車両清掃

車内の気になる消臭方法 車が臭いと乗り物酔いしやすいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
車 消臭 車が臭う

車でお出かけするとき、子どもに「車くさいー」と言われたことありませんか?

タバコやカビ、雑菌などが車内に充満する嫌なにおいの主な原因です。春暖かくなってくると匂いも感じやすくなってくるし、子どもは普段車に乗らないから変な臭いに気づきやすいです。

普段車を使っている方はずっとそのにおいに曝されているので、慣れてしまって気づかないことが多いです。

車が臭いと車酔いもしやすくなりますので、定期的な清掃はもちろんですが、シーズンごとに気合を入れた消臭対策も行いましょう。

消臭対策でやってはいけない事

車の消臭方法でやってはいけない事
まずやってはいけないことを先に紹介しておきます。

臭いを別の匂いでごまかすこと

 

これはごまかせてないですし、原因を断たない事にはいつまでも臭いは消えないどころか悪化する可能性が高いです。
臭いのもとはそれぞれ原因はありますが、匂い分子が鼻の匂いレセプターに付くことで臭いを認識します。

なので、芳香剤など別の匂いでごまかそうとすると、匂い分子が増えただけで臭い匂い分子は減りません。
鼻の中で匂い分子がそれぞれくっつくことになって、最悪ひどい匂いになることがあります。

少なくとも匂い分子を吸着するような消臭効果のあるものを使いましょう。
匂いが強くなるとそれに慣れてしまい、鼻の感覚がおかしくなってしまいますよ。

車の悪臭の元になるものについて

たばこ

車 消臭方法 タバコの臭い
タバコの煙には、ニコチンやタールをはじめ様々な化学物質が含まれており、アルデヒド類、アンモニア、硫化水素、など人が悪臭と感じる物質も多数含まれています。

中でも主な原因としてあげられるのが副流煙の指標ともなっている3-エステルピリジンです。これらの物質は粒子がとても小さく除去が難しいものです。

また、特にタールは強い粘着性のある油性を持ち、いわゆるヤニと呼ばれる厄介な成分です。付着したものを汚し臭いを長時間発し続けます

そして、それらの臭いの素はタールとほこりなどと合わさり、シートやカーペット、ダッシュボード、窓ガラスなど、車内の見えるところをはじめ、エアコン内部にも入り込みあらゆるパーツに付着し消臭を困難にします。

また、付着したたばこの煙は、臭いだけでなく有害物質も発生させていると言われます。付着した素材を介して有害物質を吸い込んでしまうことを「三次喫煙」と呼び、非常に問題視されています。

シートやシートベルトに染み込んだ汗や香水の臭い

車内が臭い
クルマのシートやシートベルトには、手足から出る「汗」を吸収し悪臭の素となっています。

汗に含まれるミネラル類や皮脂、垢などを雑菌が分解することで腐敗集やアンモニア臭などの悪臭を放つようになります。

また、香水や芳香剤などの香り成分もシートに染み込みます。その成分がタバコや汗の臭いと混ざり合うことで、より鼻をつく臭いを生み出すこともありますので注意しましょう

フロアマット

フロアマットには、靴や衣類に付いたホコリ・雑菌・泥・雨水などが落ちて汚れと臭いの原因になります。それらが混ざり合ったり腐敗したりすることで、悪臭の原因となります。

また、運転席と助手席のフロアマットの近くにはエアコンの吹き出し口があるため、エアコンを使うと風と一緒に埃や臭いが舞い上がり、車内全体に匂いが蔓延してしまいます。
雨の日や土の多いところに出かけた時は車に乗る前に、汚れを払ってから乗るようにすると後の清掃が多少楽になります。

ペットの唾液や排泄物
車 ペット 臭い

ペット飼われている方は、ドライブや通院など一緒に乗ることも多くなります。
犬や猫などのペットの唾液や汗、毛、排泄物は汗同様雑菌が繁殖しやすく臭いの原因となります。

食べ物の臭い

気密性の高い車内では、食べ物のちょっとした臭いもすぐに充満します。テイクアウトしたファストフードの臭いは特にダメ、という方も多いです。
暖かい時期の生もの、肉類、魚、野菜などの長時間放置は要注意です。買い物袋から抜け落ちてしまい荷物置きに忘れ去られてしまった時には腐って悪臭が蔓延してしまいます。

しかも、この臭いなかなか取れない曲者です。
あと、実体験なのですが、春のそこそこ暖かいとき、長ネギを買って別の買い物で車内に小一時間ほど置いておいたら3日ほどねぎの残り香とドライブすることになりました。

臭気の強い食べ物は特に注意してください。

車の嫌な臭いの消臭方法

先にあげたように臭いの原因はこれらいくつか考えられますが、特に厄介なのは「カーエアコンのカビ」「たばこの煙」です。完全に消臭するには、時間だけでなく手間や、場合によってはお金もかかります。
長期間放っておくとよりこびりついてしまい消臭がもっと大変になってしまいますので、こまめは清掃・消臭対策はとても大事です。

さらにたばこの煙の場合、一度臭いが付着すると完全に取り去ることが難しく、中古車として売りに出しても「喫煙車」として扱われ、市場価値が著しく低下するリスクもあります。
いくつか消臭方法を紹介しますので、日ごろのメンテナンスの一環に取り入れてみてください。

車内を水拭きする

車 消臭 車内 水ぶき
匂いの原因物質はついた直後であれば比較的取れやすいものが多いです。また、埃はそれ自体はにおいを発しませんが臭い物質と混ざることで厄介な臭いの元となります。

これらは溜まれば溜まるほど匂いが出やすくなりますので定期的に除去しましょう。

水ぶきの際の裏技

車の臭い消し 重曹
重曹を溶かした水を霧吹きなどでシュッシュとしてからよく拭き取ると汚れや臭い取りの効果が高まります。
汗などの臭いは酸性なものが多いので弱アルカリ性の重曹と中和反応を起こし消臭効果が出ます。

また、重曹にはキレート効果があるので手あかなどの汚れをキャッチし取れやすくもしてくれます。
また、セスキ炭酸ソーダは重曹よりpHが高く、匂いの分解や汚れを取る力は強いので、重曹の代わりに使うのもアリです。

しかし、アルミや銅を腐食させることがあるので金属パーツにはかからないように注意してください。
タンパク質の分解能力も高いので手荒れの気になる方は手袋着用で使ってくださいね。

フロアマットを洗濯する

車 消臭 フロアマット ブラシ 清掃
毛足の長いフロアマットは、汚れが奥深くに入り込み中で悪臭を放つようになります。

しかも、汚れが落としにくいので掃除機で吸っただけではごみを取り除ききれませんので徹底的に洗濯しましょう。
車内からフロアマットを取り外し、埃をたたいて落とします。

中性洗剤を薄めて、たわしやブラシでしっかり洗います。洗剤が残ってもにおいの原因になりますので、泡が出なくなるまで十分にすすぎましょう。
生乾きで車内に戻してしまうとせっかくきれいにしたのに雑菌の温床になりますので、完全に乾かしてから車内戻しましょう。

天日干しができるとなお良しです。

エアコンフィルターを洗浄・交換する

車内エアコンのフィルター
これは「カーエアコンの臭い対策 梅雨に気を付けること」の記事でカーエアコンのフィルター掃除の仕方を説明していますので、ざっくり説明します。

フィルターが水洗いできるものとできないものがありますので、ご自身の車のマニュアルを参考にフィルターがどのタイプか確認しましょう。
水洗いできる場合は中性洗剤や洗濯用の液体洗剤で1時間くらいつけ置きをします。

その後、汚れが出なくなるまで良くすすぎ、風通しの良いところで干して乾燥させます。

水洗いできない場合は、ホコリをやわらかなブラシでこそぎ落とします。

強くごしごしやるとフィルターを痛めるのであくまでも優しく行いましょう。

フィルター掃除の際に除菌消臭剤を使う

これはフィルターが完全乾燥した状態で行ってください。

乾燥していない状態で、この行程を行ってしまうと車内が湿った状態となり、さらに臭くなります。
銀イオン入りの抗菌スプレーや防カビスプレーを仕上げに噴霧する場合は、生乾きのままフィルターを戻さないでください。

湿気を元に雑菌が繁殖してしまい、せっかくの抗菌・防カビが台無しになってしまいますのでしっかり乾かしてから戻しましょう。

車内に除菌消臭剤をスプレーする

車内清掃が終わって、そのあとの車の使用時に匂いが付きにくくする手段として除菌消臭スプレーなどを使うのも効果的です。

銀イオンなどが配合されているものは雑菌が付きにくくなったりもしますのでおすすめです。

しかし、スプレーの水分が残っているままドアなどを締めてしまいますと湿度でまた臭いがついてしまいます。スプレーなどをした後はしっかり乾燥させましょう。

窓を開けて換気する
車から顔を出す女性

一番簡単で単純な方法ですが意外と効果的です。臭いの原因となる物質を車内に定着するのを防いでくれます。

定期的に車内を換気して空気を入れ替えることを意識しましょう。

まとめ

エコ車

臭いが付く原因をなくし、車内を常に清潔に保つことはとっても大事ですよ。

汚れなどを栄養源に雑菌やカビが繁殖して悪臭を放ちますので、そういうやつらが勢力を持つ梅雨になる前にてっていてきに綺麗にしておきましょう。

ただ、エアコンの内部でがっつりかびや雑菌が繁殖してしまったり、長期間の喫煙で汚れやにおいがしみついてしまった場合にはプロにお任せしてしまった方が良い場合もあります。

頑固な汚れや車内部の内部などはなかなか難しいことが多いです。

車内クリーニングも行っていますので、車の臭いや汚れが気になる方はお気軽に当店にご相談ください。

このブログ記事があなたの素敵なカーライフの一助になることを願っています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*