車両清掃

ドライブスルー洗車のやり方とは 簡単なので初心者でも大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
コイン洗車機

こんにちは、スバルショップ香取です。

皆さん、洗車はしていますか?

私は先日海に行ってきましたので、帰ってきてすぐ洗車に行きましたよ^^

海に行くと潮風に当たったり、足回りが塩分を含んだ砂だらけになって放置しておくのは良くないですからね。

check!

海に行くと車が錆びる?錆の原因と対策についてのポイント
https://takagijidousya.net/body/body-rust

洗車に面倒くさいとか難しそうとかイメージを持っていたら、ぜひガソリンスタンドにあるドライブスルー洗車機を試してみてください。

とっても簡単で価格も安くできますから!

デメリットもありますが、メリットもたくさんあります。

初めての方もちゃんとできますので、このブログでやり方を覚えてくださいね。

ドライブスルー洗車機とは

コイン洗車機

ガソリンスタンドに併設されていることが多いこのタイプ。名前の通り運転者が乗ったまま洗車を行うことができます。

拭き上げ場や予洗い場なども必要になるので、都内をはじめ都心部ではあまり見かけないかもしれません。

香取市みたいな地方ではだいたい設置されています。

洗車機の前にゲートがあり、おおむね運転席側に予約機があります。

メニューやオプション、装備品のチェックなどをボタンで選んで、内容にあった金額が表示されますので硬貨や紙幣を入れて精算します。

最近はタッチパネルディスプレイのものも多く、操作方法がより分かりやすくなっています。

また、決済方法では、クレジットカードが使えたり、paypayやdポイント払いなどの電子マネーも使用できるようになっています。

Tカードも使えるところが多く、洗車でキャッシュバックやTポイントがたまるのは嬉しいですね。

スタッフによる手洗いとの違い

車 手洗い 汚れ 洗車

セルフガソリンスタンドではあまりないですが、スタッフが常駐しているようなガソリンスタンドですと、スタッフに洗車をお願いすることもできます。

洗車機に比べ費用はとっても高いですが、プロの手で行われるので、仕上がりは段違いです。
車内清掃もしてくれますし、洗車機の自動ブラシ洗浄では届かないようなところまで隅々まできれいにしてくれて、たっぷりの泡と水で洗い流してくれます。

ボディに細かい傷がつくことがほとんどなく、拭きムラもないと思います。

通常の洗車やワックスがけだと20分から30分程度ですが、ガラスコーティング等を行うと1時間くらいかかることもあります。

洗車中はその場で立ち会わなくても良いですが、終わるころには必ずいるようにしましょう。
事前に従業員の方にかかる時間を確認しておくと良いですね。

だいたいの費用の目安は次の通りです。

洗車:3000円~5000円

オプション

  • 撥水加工1000円~2000円
  • 下回り洗浄1000円~2000円
  • 油膜や水垢取り2000円前後
  • ガラスコーティング10000円前後

洗車予約をする前に予洗いもオススメ

洗車 頻度 洗車のお手伝い

 

予約機の直前に予洗い場というものが設置されていることがあります。

これはボディやタイヤ、下回りに付いた砂や泥、ほこりなどの細かい汚れ、鳥の糞や虫の死骸などをあらかじめ洗って落とすことで、より綺麗に、より傷が付きにくくドライブスルー洗車を行うための一手間の場所なんです。

自動洗車機のブラシはナイロンブラシが傷が付きやすいということで少し洗う力は落ちますがゴムブラシが主に使われています。

ブラシがぐるぐる回ってボディの形に合わせて移動しながら洗浄していきます。

どうしてもサイドミラーの付け根や側面ドアの開口部の溝や取っ手部分など細かなところで洗い残しが出ます。

また、細かい砂が付いたままだとゴムブラシでこすられ細かな傷になってしまいます。

こういうことが起こる、というのはすでに分かっていることなので、あらかじめ汚れをさっと落としておきましょう!

ということで予洗い場が活躍します。

ちょっとのひと手間で美しい車を維持できるのですから、やっておかないと損ですよね!
備え付けのスポンジとホースで汚れを洗い流します。

下回り用のブラシもあるところもありますので、下回りやホイールなどについて泥を落としのも重要ですね。

そして、洗車機の音声ガイダンスや表示板の指示に従い車を所定の位置まで動かします。

「停止」の合図が出たら窓が全部閉まっているか、サイドミラーは畳んであるか確認してエンジンを切りましょう。

あとは洗い終わるまで車内で待ちます。

予約方法操作方法

エコ車

予洗いが終わったら(予洗いしなくても可)予約機の前まで車を進めます。

予約機から行いたい洗車メニューを選んでいき、オプションや装備品を選んで精算しましょう。
タッチパネルや前面のボタンで必要なものを選んでいきます。

それぞれのメニューには特徴がありますので大体の料金と併せて下記にまとめてみました。

 

主なメニュー 一覧

水洗いのみ 300円
シャンプー洗車 500円
ワックス撥水加工500円~800円
ポリマーコート 1000円~1500円
ガラスコート 2000円前後

ガラスコートは洗車機の最上位のメニューで場所によって名前や仕様が異なります。

中でもエネオスのティアラコートプレミアムは人気のようです。

しかし、あくまでも自動で行われるものなので、手で行う処理とは耐久性や仕上がりが全く違うことを理解しておきましょう

領収書が必要な場合は、精算後に領収書ボタンを押して発行します

何もしないと出ないところが多いので見逃さないように注意です。

 

装備品の注意点

車のことを考える女性

車は車種によって付属品も様々です。中には洗車機に適さないものもいくつかあります

そういったものは事前に洗車機のシステムに知らせてあげて最適な動きで洗車してもらいましょう。
 
選択し忘れるとボディに傷が入ったり破損したりする可能性が高くなります。

洗車できない車の車種や装備品、車の高さは予約機の近くにある注意書きに掲示してありますので必ずチェックしましょう。

折りたためないドアミラー、ウイング付きのドアミラー、牽引用のフック、ルーフのキャリア、フェンダーポールなどが該当します。

また、ワイパーやアンテナはブラシに巻き込まれることがあるので、備え付けのガムテープで固定しておくのが安全です。

止めなくても大丈夫なことが多いですが、万が一壊れてしまった場合自己責任となり、店舗は保証してくれません。

洗車タイム 全自動だけど洗車の手順

お支払いが終わると、前の車の洗車が終わって入れば、そのままゲートが開き音声と電光掲示板で案内されます。

案内に従って所定の位置まで車をゆっくり動かしましょう。

 
だいたいこんな感じ↓です。

なんか黄色いプレートが合ってその位置まで車を進めます。

ドライブスルー洗車 所定の位置
 
所定の位置に車が到着すると掲示板の表示が「停止」に代わると思います。

洗車機が準備を始めますので、洗い始める前にドアや窓がしっかり締まっていることやドアミラーが折りたたまれていることを確認してエンジンを切って待機します。

ドライブスルー洗車 停止の案内

※洗車前の写真は運転していたので取れませんでした(´・ω・`)

後はまな板の上の鯉状態なので、洗車が終わるまで待ちます。

あまりにも近いブラシとその回る勢いに多少ビビります。

ドライブスルー洗車 ブラシでぐるぐる

すごいですね、最近のは車体の形を感知するセンサーが300本くらい発射されていてそれと車種データを照合して最適なブラシの位置を計算して洗って入れるんですから。
 
選んだコースにもよりますが、洗車が1往復、そのあとにドライヤーでの乾燥が1往復です。時間にして3分くらいかと思います。

ドライブスルー洗車 前進の案内

※50hzの壁に阻まれて、掲示板の文字が写りませんでした。

乾燥が終わると電光掲示板と音声の案内で車を動かすように指示されますので、洗車スペースを出て拭き上げ場に向かいます。
 
 
そこには拭き上げに必要なものがすべてそろっています。
 
ボディ用のマイクロファイバータオル、車内拭き掃除用のタオル、タイヤ用の艶出しスプレー、脚立など。
 
掃除機、空気入れ マット洗い

また、車内掃除用の掃除機もあります。6分100円くらいなのでお手軽に車内の食べかすや泥や砂、小石などを清掃出来ます。

シートのほこりなども一気に掃除ができちゃいます。
 
結構吸引力も強いのでおすすめです。

 
あとは、水洗のマット洗浄機があるところもあります。
 
毛足が長かったり形が複雑だったりするものは使えませんがこちらもがっつり汚れが落ちるのでおすすめです。

完全には乾かないので、あとでしっかり干しておく必要があります。

生乾きのままにしておくと匂いの元になりますので注意しましょう。

check!

車の臭い対策はこちらを参考にしてみてください^^
車内の気になる消臭方法 車が臭いと乗り物酔いしやすいです

定番ですが、タイヤの空気入れもあります。

タイヤの空気入れ

初めてだと使い方が分からず怖いかもしれませんが、愛車のメンテナンスでは必須なので月一くらいで出来るように頑張りましょう。

check!

やり方についてはこちらのブログでまとめています。

タイヤの空気圧って?初心者必見 充填の仕方も紹介します

終ったら拭き上げ

ドライブスルー洗車 前進の案内

洗車し終わったばかりは、ドライヤーである程度水は切っているものの、そのままで帰宅するにはまだまだ水浸しの状態です。

しっかり水気を拭いてから帰らないとウォータースポットだらけになっちゃいます。
 
 
ボディ用のマイクロファイバータオルで拭くときの注意なのですが、使用前のものと使用後のもので入れる場所がわかれています。

必ず使用前のものを使いましょう。

また、車内用と車外用に分かれているのにも注意です。

 

基本的にはお店がせんたくして綺麗にしてから置いてありますが、念のため使う前には小石やごみがタオルについていないか確認しましょう。

あと、地面に落としてしまったやつは使っていなくても使用後の籠に入れましょう。
 
ドライブする洗車 拭きあげのタオル

ボディーを拭くときに予洗いしていなかったり不十分だと、ボディーの下の方やミラーの付け根やワイパーなどに砂などが付着していることが多いです。
 
タオルで拭いて砂が付いた場合は、拭く面を変えるか新しいタオルに替えましょう。
 

砂がタオルに付いたまま拭くと傷ができてしまいます

この辺を拭くときは注意しましょう。

ワイパーを拭くとき

あとは、車内や灰皿のごみを捨てたり、空気圧をチェックしたりして洗車は終了です。

お疲れさまでした。ピカピカの車で気持ちいいですね!
 

慣れるまでは大変だし時間がかかるかもしれませんが、何回かやっていると最小限の拭きあげでさっと洗車、みたいなときは15分もかからない思います。
 
私は海に行った帰りにさっと水洗いと足回りの洗車で、ぱっと洗いに使うことが多いです。
 

手間のかかる洗うところは全部機械がやってくれるので、車を綺麗に保つために定期的に洗車もしやすくなりますよ。
 
ちなみに、コイン洗車場などにある全自動洗車機とドライブスルー洗車機の違いは、運転手が乗っているか乗っていないかくらいの違いです。

操作方法もほぼ同じです。
 
 
ガソリンスタンドに併設されているものは給油のついでに洗車という感じで最小限の設備なことが多いですが、洗車場は洗車がメインなので備え付けている道具もグレードアップしているし洗車スペースが広くとれます。

たまには洗車場を使ってみるのもいいかもしれませんね。
 

まとめ

コイン洗車機

ガソリンスタンドに併設されているドライブスルー洗車機は料金もリーズナブルで短時間で洗車が完了するので忙しい人にはとてもおススメです。

手洗いやプロの人による洗車には仕上がりが劣るデメリットはありますが、花粉の時期、黄砂の時期、汚れの付きやすいところに行楽に行った時など、洗車したいけどそんな頻繁にしていられないし大変、という人にはうってつけです。
 
利用方法も簡単だし、説明書や案内も充実しています。
 

パネルからメニューを選んで精算すれば、洗車機がガイドしてくれます。

洗車もオートですのでほぼすることがないですね。
 

拭き上げスペースもついていますので、しっかり水気を切って洗車はおしまいです。
汚れたままにしておくと、車の劣化も早くなります。

きれいなクルマを維持することは楽しいカーライフレベル向上につながりますので、ぜひ洗車は定期的に行いましょう。
 
 
スバルショップ香取でも洗車のみのご依頼も承っております。

また、車のちょっとしたことも随時ご相談承っています。
 
 
あなたのカーライフがより幸せなものになることを願っております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*