車両清掃

花粉はボディだけじゃない、車内対策も重要ですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
車内の花粉対策 花粉症

花粉の舞い散る嫌な季節が来ますね。それでも外出しなければいけないときはマスクをしたり、薬を飲んだり対策が必要です。

車にも花粉対策は必要ですよ。
ブログでボディに付いた花粉について対策を紹介しましたが、車内については普段対策をされていますか?

花粉症の人には車内の花粉こそ大敵です。花粉はスギ・ヒノキときて、5月~暑さが本格化するまでイネの花粉が出ます。

期間が長いので症状がひどくならないようにしっかり対策しましょうね。

花粉を車内に持ち込まないことが大切

車内の花粉対策 花粉症
飛散する花粉が侵入して粘膜を刺激して咳やくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、眠気などを引き起こし安全な運転の妨げになります。

また、上記のようなアレルギー反応を起こすものとして同時期に黄砂もあるので気を付けましょう。

快適にドライブするために花粉を車内に持ち込まない対策と、持ち込んでしまった花粉を除去する対策が必要ですね。

その方法を紹介します。

花粉が付きやすい服装は避ける

車 花粉 汚れ スギ花粉

花粉は静電気に引き寄せられるので帯電しにくい服装がおすすめです。例えば、綿のシャツよりウールセーターの方がより多く花粉を引き付けます

化学繊維のシャツやインナーも擦れて静電気が起こりやすいので要注意です。
まだ肌寒いですが、帯電しにくい洋服選びも大事ですね。

また、帽子をかぶるというのも髪に付着する花粉の量を劇的に減らしてくれますので積極的に使っていきましょう。車に乗る前に帽子に付いた花粉を払うとより効果的です。

花粉ガードスプレーなどを使う

服装を選ぶ、と言ってもなかなか難しい場合が多いです。そんな時は市販されている花粉ガードスプレーなどを使って付着する花粉の量を抑えましょう。
花粉ガードスプレーの仕組みは、スプレーしたところにイオンの膜をはり静電気による付着を軽減させるというものです。製品の中には消臭効果や微香タイプのものもありますので、好みに合わせて購入すると良いでしょう。

選ぶ目安の一つとして、効果持続時間で選ぶのも良いです。1日1回でよいタイプもありますので回数少ない方が忙しいときとかは便利ですよね。

 

重ね掛けもオッケーのもありますので、定期的に噴霧することでより効果的に花粉から身を守ることができます。

鼻などに塗るタイプものものありますので、自分に合うものを見つけてみてください。ちなみに、鼻の穴にワセリンを塗っても効果がありました(個人の感想です)、試してみる価値はありそうです。

エアコンは内気循環を徹底する

エアコン デフロスター
春と言えどもまだまだ寒い日も続くときもあり、暖房は使うことも多いと思います。外気導入モードにしておくとフィルターがあるとはいえ花粉は極めて小さいですのであっという間に車内に入り込みます。

窓をしっかり閉めて内気循環モードは必須ですよ^^
花粉除去可能な高性能なフィルターがありますので、メンテナンスの際に交換してみるのも良いでしょう。

それでも入ってくる花粉はグッズで除去

車内の花粉対策  ハンディモップ

 

マイクロファイバーのクロスや、モップは車内に常備しておきましょう。ダッシュボードなどに溜まった花粉をさっと一拭きで撤去です。
最近では車内に置けるサイズの空気清浄機も数多く販売しておりますので、快適空間を作るにはあると良いですよね。

また、洗車の際には掃除機などで車内を清潔に保つのも重要ですよ。

車内で花粉の溜まりやすいポイントを一挙紹介

洗車 頻度 車内清掃

人の出入りや車内の通気などで、入り込んだ花粉が溜まりやすいポイントがたくさんあります。花粉を溜めたままにしておくと、いろいろ対策をしてもべたっとついて粘膜を刺激しますので、こういった場所はいつも以上に清潔に保つように気を付けましょう。

  • ダッシュボードの隅
  • メーターやハンドルのでこぼこや隙間
  • シートの縫い目や継ぎ目
  • 足元マットやフロアマット
  • ドアの内側についているドリンクホルダー
  • エアコンの吹き出し口

この辺りは気づかないうちに花粉が溜まりますので、服とかしっかり対策しているのに、車に乗ると目がかゆくなるのはなんで!?という方はしっかり掃除をしてみてはいかがでしょう?
また、日ごろからさっと花粉を除去できるように取り出しやすい位置にモップを常備しておくのも大切ですよ。

花粉の車内対策のまとめ

とにもかくにも、付着させない&車内に持ち込まない対策を出来るだけ行う、ということです。
そして、車内に入り込んだ花粉は速やかに除去できる環境作りも大切です。花粉を払ったモップを置きっぱなしにしておいてはあまり意味がありませんので、掃除用具も清潔にしましょうね。

今は花粉対策グッズが数多く範囲されていますので、生活スタイルに合わせて組み合わせて使うと効果的です。
車内を徹底的にクリーニングしたい場合はプロにお任せです。洗車や社内クリーニングのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいね。

お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*