車両清掃

梅雨時期の洗車 頻度はどれくらい?タイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
梅雨の洗車

梅雨は雨ばっかりで車洗うタイミングなんてないですよね。せっかくピカピカにしたのに雨で汚れるなんて許せない!

私もそう考えておりました。
実は雨の日の洗車にもメリットがありました。
梅雨時は洗車が疎かになりやすい時期ですが、車にとっては汚れが付きやすい時期でもあります。
この時期の洗車の頻度やタイミングなどどうしたら良いかを紹介していきます。

梅雨は車に過酷な季節

梅雨 雨に濡れたボディ
曇りばかりでそんなにきつくないんじゃないかと思う人も多いと思いますが、そうではありません。

雨が降った後スカッと晴れた日が危ないのです。
車の塗装やワックスに含まれる物質は酸化しやすいものが含まれています。

そして、汚れも酸化しやすい物質です。

この酸化しやすいものが集まると酸化共鳴という、共鳴したもの同士がより酸化しやすくなる恐ろしい現象が起こります。
さらに、紫外線は酸化を早める効果もあります。雨上がり空気中のちりが少なくなった状態で降り注ぐ紫外線はかなり強力ですので梅雨時期の日差しは要注意です。
塗装やコーティング、ワックス加工などの劣化を早めるだけではなく、汚れが酸化によってより強力に凝固し取れにくくもなりますので、この時期こそ定期的な洗車が必要なのです。

雨の日の洗車のメリット

梅雨の洗車
雨ばかりで洗車なんかできないよ!という声も聞こえてきますが、雨の日の洗車にもメリットはあります。

  • 鳥の糞や虫の死骸などのこびりついた汚れが落としやすい
  • 空気中の埃が少なく、ボディに付着するのが少なくなる
  • カーショップやガソリンスタンドでは洗車料金の雨の日割引を行っているところもある

 

デメリットは、雨水には大気中のちりや有害物質などが含まれており、蒸発するとウォータスポットになるので二度手間になりうる。ワックスがかけられない。合羽を着る手間。
ということがありますので、鳥の糞や虫の死骸などをさっと落とす程度にとどめておいた方が良いかもしれません。
また、気候などの条件によっては気を付けなければなりません。黄砂、降灰、PM2.5などが多いと予測される日は避けましょう。

雨粒に混ざってこれらのものが付着すると広範囲に汚れが広がったり、隙間に入り込んだり大変なことになってしまいます。
虫の多いところを走ったとか、停めておいたらフン食らった、という日に雨が降ったらラッキー程度な感じで、こびりついた汚れがふやけてきたところでさっと拭いて雨が上がったらしっかり洗車って感じが良いですね。

梅雨時期の洗車の頻度とタイミング

梅雨 洗車 タイミング 運転
先ほども書きましたように、雨水の中には微細な粒子がたくさん入っていますので、そのまま乾くと水道水で出来る水垢やミネラルのウォータスポットよりも頑固な染みができてしまいます。
なので、できれば週一回くらいの洗車ができることが望ましいです。
晴れた日にしっかり洗車し汚れを落としたうえでコーティング剤などで水洗いである程度汚れが落ちるようにしておけば、たっぷりの水で流す→水滴を残さないようにする、である程度汚れを抑えることができます。
本当は洗剤の入った水でしっかり汚れを浮かせて洗い流した方が良いですけど、忙しいことも多いのでさっと流して汚れが落とせる環境を作っておくことが大事です。

梅雨時期の洗車のまとめ

車 梅雨 汚れ 洗車
梅雨の時期は意外と汚れが溜まりやすく、油断しているときれいな塗装も劣化してしまい輝きを失ってしまいます。
雨が降っていても軽いお手入れはできますので、汚れをこびりついたままにせず、晴れた日には雨水で付いた汚れを落とすように心がけましょう。

特に沿岸部は塩分を含んでいることが多いので足回りのさびにも気を付けましょう。

梅雨時期はエアコンの手入れも、車内の湿気対策もあり、やること沢山で大変ですが、1つ1つ丁寧にこなしていけば快適なカーライフを送れますよ。
どうしても時間がないときはご相談くださいね^^
最後までご覧いただきありがとうございました。素敵なカーライフをお過ごしくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*