車両装飾

車のナンバープレートの変更のやり方は?費用やポイントなどを説明します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする

こんにちは、スバルショップ香取です。

もう直ぐ年度末で、あっという間に新年度ですね。
そうなると引っ越しや事業所移転などでお使いの車の登録してある住所が変わることもあるかと思います。

そうなるとナンバープレートが変更になりますね。

今回はナンバープレートにまつわる知識を紹介します。

ナンバープレートの種類や記載内容の意味などの概要

ナンバープレートは通称で、正式名称は自動車登録番号標、または、車両番号標といいます。この自動車がどこの誰が乗っているか何のために乗っているかを識別するためのものです。

黄色のプレートに黒文字のものは自家用軽自動車、白色のプレートに緑の文字は自家用の普通自動車か小型自動車、もしくは特別なエンブレム付きナンバーの軽自動車になります。

物を運んだり届けたり、人を乗せたりして利益を得るような業務用は色が変わります。軽自動車は黒色のプレートに黄色文字、普通自動車などは緑色のナンバープレートに白文字となります。

ちなみに、赤い車線の入ったナンバープレートは車検切れのもので、業者が一時的に行動を運転するために使います。

ナンバープレートを変える必要があるとき

前述したようにナンバープレートはどこの誰が所有しているかを識別するためのものなので、管轄地域が変わるような場所に引っ越したり、中古車を譲り受けたりして車の所有権が変わるときなどは必ず変更が必要になります。

また、気分転換で希望のナンバーに替えたりするときも申請が必要になります。

 

なお、滅多にありませんが盗難にあった時や破損・遺失した時にもナンバープレートの発行が必要になります。この場合は、ナンバーを変更しない再発行という形も取れます。

普通自動車の場合は本拠となる地域を管轄する運輸支局に、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に申請をします。

軽自動車は封印がされていないので自分で外して軽自動車検査協会の窓口に持ち込んで変更できますが、普通自動車は特殊な封印をする必要があるので自動車ごと運輸局に行って手続きをするようになります。

ナンバープレート変更に必要な書類などは?

お使いの車の種類によって異なりますが、所定の窓口にて書類をそろえて申請するようになります。

ケースによって異なりますが、以下のものが必要になります「

  • 希望番号の予約済証(希望のナンバーがある場合)
  • 車検証(自動車検査証)
  • 自動車検査証記入申請書
  • 手数料納付書
  • (軽自動車)自動車税・自動車取得税申告書
  • ナンバープレート
  • 理由書※1
  • 委任状※2
  • 申請依頼書 ※3
  • 字光式番号行交付願※4
  • 住民票※5
  • 車庫証明※6

※印のものは申請内容によっては必要になるものです。

希望番号の予約済証 は希望番号のある時、自分で用意します。 希望番号申込サービスにて事前に申し込みが必要です。

自動車検査証(車検証)車のダッシュボードやトランクに保管している人が多いと思います。しまってある場所を確認しましょう。

ナンバープレート(車両番号標) 遺失でない場合はクルマについているものを取り外して交換しますので、特に気にする必要はないでしょう。

自動車検査証記入申請書  実地の窓口に備え付けてあるもの、あるいは地域の窓口のwebサイトからダウンロードも可能です。

軽自動車の場合は「軽第3号様式」です。
軽自動車税(種別割)申告書(報告書)はお住まいの自治体の市役所や支所で受け取りましょう。

※1 理由書は、車検を紛失または盗難によってなくしてしまった場合のみ必要です。運輸支局の窓口、あるいはホームページからダウンロードできます。

※2 委任状は普通自動車でディーラーや販売店に依頼する場合のみ必要
です。

※3 申請依頼書は、軽自動車で誰かに依頼するときに必要になる書類です。普通自動車の時と様式が違うので気を付けましょう。

※4 字光式番号行交付願は、字光式ナンバーを希望する場合のみ必要になります。

※5 住民票は、住所変更がある場合のみ必要

※6 車庫証明書は、住所変更がある場合のみ必要

ナンバープレートを変えるのに必要な費用

ナンバープレート代は都道府県と車の種類、文字の種類、希望ナンバーか、で料金が異なります。

千葉県は以下のようになっています。

こちらは普通自動車と大型車のペイント式と字光式の発行手数料です。

ナンバープレート変更手数料
こちらが軽自動車です。

軽自動車の手数料

大型車と普通車で、一番安いところは東京都、一番高いところは沖縄県です。

その他都道府県は東京から沖縄の間の金額に収まります。
軽自動車は地方によってまちまちで大きく値段に差がでるということはありませんでした。

ちなみに字光式というのは文字の部分を特殊な樹脂で光が透けるようにしたもので昔は流行ったようです。

出典:wikipedia 字光式ナンバー

そして、納付する手数料は350円です。窓口に納付書がありますので、必要事項を記入して納付しましょう。

住所変更がある場合は車庫証明が必要になりますので、別途発行します。取得にかかる費用は3000円前後です。

自分で申請した場合は、ナンバー代と手数料とで2000円~10000円程度ですが、業者に依頼すると20000円~50000円のところが多いようです。

ナンバープレートを希望の番号にする方法とは?

希望の番号に変更したいときは、事前に希望番号申込サービスで予約する必要があります。

「7777」などの縁起の良い番号や「8008」のようになぜか人気な番号は申し込みが殺到するため抽選となります。

誕生日など規則性のないものについては抽選なしに申し込みができます。抽選が必要な番号は地域によって異なりますので、ご自身の本拠とする地域の番号を確認しましょう。

外部サイト:希望番号申込サービス 抽選対象番号を確認する

抽選に当選した時や抽選なしの場合は申込終了時、交付手数料を支払いうと入金確認メールが届き、希望番号予約センターにて予約済証を受領します。

それをもって運輸支局や軽自動車検査協会に行ってナンバープレートを申請します。

好きなご当地ナンバープレートは付けられるの?

ご当地ナンバーとは、地域・観光振興の観点から全国的に認知されている地名をナンバープレートに使用する取り組みです。

ご当地ナンバーの導入は2006年度から始まり、自治体のPR媒体のひとつとして全国で役立っています。

ちなみに、千葉県香取市は地域対象外ですが香取郡などは「成田」のご当地ナンバーを使うことができます。

ナンバープレートに記される地域は、実際にその車を使用する地域になります。車庫証明の「使用の本拠の位置」に書かれている地域をもとに決まります。

基本的には車庫証明に書いてある地域のナンバーしかつけることができませんが、事業用の車も申請可能なので、事務所を好きな地域のナンバーのある地域に立てて底で登録すれば何とかつけることはできます。

現在、発行されているご当地ナンバープレートの図柄は以下の通りです。

地方版ご当地ナンバー一覧

令和2年5月11日以降から使えるようになったご当地ナンバーとその図柄

ご当地ナンバーの申請のやり方について

地域・観光振興の観点での取り組みなので、ご当地ナンバーをフルカラーで付けるには通常納付する交付手数料に加えて1000円以上の寄付金を支払う必要があります。

寄付金なしの場合はモノクロのデザインになります。

ちなみに、図柄入りのナンバープレートは記念保存できます。廃車やさらなるナンバープレート変更時に申請すると不正使用防止の穴あけ処理をした後に記念に受け取ることができます。

オリンピック特別図柄などの特別仕様ナンバープレートの申込方法等

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートの申請期間は平成29年4月から平成32年1月(令和21月)まで、となっているように期間限定なので注意しましょう

オリンピック特別図柄の場合は

申込期間は2017年10月10日から2021年9月30日までとなっております。下記のwebサイトより申し込んで予約証をもって運輸支局や軽自動車検査協会などに持ち込みます。

希望ナンバーがある場合は抽選となるので注意してください。

図柄ナンバー申込サービス
https://www.graphic-number.jp/html/GKBA0001.html

 

車のナンバー変更のやり方、費用やポイントのまとめ

色々種類が増えてちょっとわかりづらいところもあるナンバープレートの変更についてですが、基本的には時間のかかることなので業者に頼んでしまうことが多いと思いますが、申請に必要な書類は

  • 希望番号の予約済証(希望のナンバーがある場合)
  • 車検証(自動車検査証)
  • 自動車検査証記入申請書
  • 手数料納付書
  • (軽自動車)自動車税・自動車取得税申告書

を揃えて運輸支局や軽自動車検査協会にもっていき、所定の手数料を納付して発行してもらいます。

希望のナンバーや特別な図柄、ご当地ナンバーのものを付けたい場合は、事前に専用の申し込みサイトで申し込む必要があります。

人気のナンバーについては毎週行われている抽選に当選してからになります。ご注意ください。
希望の番号を予約する場合↓

外部サイト:希望番号申込サービス 抽選対象番号を確認する
図柄のあるナンバープレートを申し込む場合

外部サイト:図柄ナンバー申込サービス
ご当地ナンバーや特別仕様の図柄は地域振興やスポーツ振興の取り組みの一環なのでフルカラーデザインにする場合は1000円以上の寄付金が必要になります。

希望のナンバーの場合は、通常の発行手数料の倍以上の手数料がひつようになりますので、事前に確認しておきましょう。大体4500円~6000円くらいです。

引っ越し車を譲り受けた時などはナンバーを変えるチャンスでもありますので、気になるものがあったら付けてみましょう。

心機一転気分が晴れやかになってもっとドライブが楽しくなるかもしれませんね。
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

*