ボディのこと

冬の朝、凍るフロントガラスを上手に溶かす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
冬 窓 凍る フロントガラス ワイパー

朝、急いでいるのにフロントガラスが凍って前が全然見えない、運転できない!

子どものお見送りの時間送れちゃう、いかん!

という季節になりましたね。

寝ぼけてウォッシャー液を出してえらいことになったことがあります。
寝ぼけていてもしっかり対策できるように事前に対策ができているといいですよね。

そんな、冬の朝の大敵・凍るフロントガラスの対策方法と絶対にやってはいけないことを紹介します。

フロントガラスが凍る原因

冬 窓 凍る フロントガラス

冬の夜、雲一つなく風もなく、よく晴れていると放射冷却の程度が強まり一気に冷え込みます。

余談ですが、放射冷却は冬の明け方冷える現象だけを指すわけではありません。
ホカホカのご飯を置いておくと冷めるのも放射冷却です。

熱の性質で、熱い方から冷たい方に熱エネルギーは流れていきます。物体は電磁波を放出することでエネルギー(熱)を失って冷えます。

話戻しまして、上空に雲があれば保温カーテンのように振舞い放射冷却の程度は低くなりますが、良く晴れて雲がないと上空の寒気に向けて地表から熱エネルギーが放出されます。

放射冷却が強いと言われた日は天気予報で出ている最低気温よりも地表付近は5度くらい気温が低いと言われています。

そんな極寒で一気に冷やされた水蒸気は車の全面に付着し凍ります。特にフロントガラスは結露が起きやすいため氷が厚くなり除去するのが大変な朝の大敵が現れるのです。

凍った窓を上手に溶かす方法

冬 車 結露 水

アイススクレーパーなどで氷をがりがり削り取るのも良いですが、結構大変です。氷が分厚くなってしまっていたらかなり力もいりますしね。

もっと簡単な方法があります。

それは解氷スプレーです。これが手軽で効果も早いのでおすすめです。ホームセンター、スーパーマーケットなど簡単に手に入りますので冬は車内に一本常備しておいてください。

解氷スプレーとは

解氷スプレーの主な成分はエチルアルコール(エタノール)をはじめとする低級アルコールです。凝固点(液体が凍る温度)は−114.14 °Cとちょっと想像もできないくらい低い温度です。
これが氷と混ざることで水の凝固点が0度以下になり、フロントガラスの氷が解けるという仕組みです。

メリットは他の方法に比べ、圧倒的に簡単で確実に解凍できます。価格も安いのでとりあえず購入しておきましょう。

デメリットと危険性についてですが、アルコール類がワイパーのゴムに付着すると劣化を早めます。解氷スプレーを使う際はワイパーを立てて使うと良いでしょう。

また、フロントガラスにシリコーン系の撥水加工をしている場合は、取れて効果がなくなってしまいますので、フッ素系の撥水加工をしておくと良いと思います。

解氷スプレーは1シーズンで使いきれる量ではありませんので、車内に置きっぱなしになることも多いです。

夏場、放置された解氷スプレーが高温によって破裂する事故も起きていますので、冬が終わったら車から出して冷暗所で保管しておきましょう。

暖機運転

車のエアコンのチェック

寒さの厳しい地域では当たり前の手段のようです。出発の5~10分くらい前に車のエンジンをかけデフロスターを付けて車内を温めておくというものです。

エンジンが熱を持てば暖房やデフロスターも使えるようになりますので、出発する頃にはあたたかな車内でお出かけすることができます。

メリットは特別な道具がいらないことと、寒い車内で運転しないで済むことです。

デメリットは意外と忘れがちなことと、時間がかかることです。

注意しなければいけないことは、エンジンだけかけてデフロスターを付けずに置いておくことです。車に乗ってからデフロスターを付けて氷を解かそうとしますと、50度くらいの熱風が出ますので、温度差でガラスが割れてしまうことが稀にあるようです。

フロントガラスに小さなヒビや傷が入っていると起りやすくなります。

ぬるま湯をかける

この方法が一番難しいかもしれません。

30度前後のぬるいお湯をかけて氷を解かすというものです。

特に大きなメリットはありません。
しいて言えば比較的短時間でゴムなどの劣化がない点です。

デメリットはぬるま湯を作るのが面倒くさい、大量に必要、中途半端にかけると余計凍ってしまい大変なことになる、あまりにも寒いと溶けたそばから凍ってくる

と盛りだくさんです。

車に霜を付けないための予防策

冬 窓 凍る フロントガラス

毎朝溶かす手間が面倒くさい、霜を突かないようにしたいと思う人は多いと思います。

フロントガラスが凍らなくなる方法をいくつか紹介します。放射冷却を抑えるということが基本的な手段となります。

カーポートや屋根のあるところに止める

屋根が上空への熱の放出を防いでくれます。

車を止めるだけなので手段としては簡単ですが、土地とそれなりの費用が必要なのが欠点です。

フロントガラスにバスタオルをかける

バスタオルがフロントガラスから熱が放出されるのを防いでくれます。毎夜バスタオルを掛けに行く手間くらいなので、ほぼ確実に凍結を防いでくれますし比較的やりやすい手段です。

UVカットや多層構造で寒冷地でも耐えられるような多機能な凍結防止カバーなどもありますので、そちらも併せて検討してみると良いですよ。

カーポートなど屋根のあるところに止められない人にはお勧めです。

窓の氷を解かす際に絶対にやってはいけないこと

エアコンが効かない!

フロントガラスの霜を取るのにはいろんな方法が考えられます。がりがり固いもので削り落としても良いのですが、あまり固いものでやるとフロントガラスに傷が入りますので注意してくださいね。

さらにやってはいけないことがありますので確認しておいてください。

熱いお湯をかけること

フロントガラスは耐久性と搭乗者の安全性を高めるために3層の合わせガラスになっています。

高熱には耐えられますが、冷えて収縮しているガラスに急に熱いお湯をかけると膨張してしまい、その振れ幅に耐えられなくなり割れてしまうことがあります。

フロントガラスにぬるま湯をかけて溶かすのはそのためです。

電気ケトルやポットなので簡単に沸騰しているような熱湯を手に入れられますので、急いでいるときはついかけたくなってしまうかもしれませんが、水や氷を入れて温度を下げて使ってください。

おまけ:解氷スプレーを使った後に・・・

フロントガラスに付いた解氷スプレーの残った液を取るためにウォッシャー液で洗い流してはいけません。

ワイパーのゴムは劣化するわ、ウォッシャー液は凍り付くわでひどいことになります。

揮発するのを待つか、ふき取りシートの様なもので除去しましょう。

自作の解氷スプレーについて

基本的な成分はアルコールと先ほど書きましたので、薬局などで売っている燃料用アルコールの安いもの(500ml 300円くらい)を使って作れます。

100均などで霧吹きを購入して、アルコール3:水1の割合で入れれば出来上がりです。

市販のものに比べて作る手間はあるものの、安上がりではあります。
グリコール類の再凍結防止剤が入っていない分、再凍結しやすいのが欠点と言えます。

 

凍ったフロントガラスを上手に溶かす方法のまとめ

タイヤ 走行音 道路と車

溶かす方法はいろいろありますが、急いでいる時にはやっぱり解氷スプレーがおすすめです。自作もできますが、25度くらいの大容量焼酎でも代用可能です。マイナス10度位まででしたら凍らずに使用可能です。

忙しい朝の手間を減らせるのは結構重要なことですよね。

是非、解氷スプレーは購入しておいてください。

ワイパーなどの劣化が気になる方は凍結防止シートもおすすめです。

まだまだ寒くなりますので、冬の運転が安全にできるように準備しておいてくださいね。

 

コメントを残す

*