ボディのこと

2020年度ファイブスター大賞獲得!新型レヴォーグが日本で一番安全なクルマに選ばれました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
ファイブスター大賞受賞の新型レヴォーグ

こんにちは、スバルショップ香取です。

各地で梅雨入りが発表されてますね、沖縄県から東海地方までは去年より11~27日早い梅雨入りが観測されました。

梅雨はいろいろドライブに支障をきたすので嫌ですねぇ・・・。

そんな中スバルの新型レヴォーグが2020年度ファイブスター大賞に選ばれました!

しかもほぼ満点で‼

スバルの「そもそも事故を起こしにくいクルマを」というゼロ次安全の意識が形になってとてもうれしいです!

ファイブスター大賞とは?

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)と国土交通省が、市販されている自動車を対象に、衝突時の乗員の被害軽減性能、予防安全性能等の比較試験を行い、その結果を公表します。

自動車等の安全性能の評価・公表を行うことによって、ユーザーが安全な車選びをしやすいように、そして車を作るメーカーのより安全な車の開発を促進するために行われています。

この事業は平成7年より開始されました。

その年に販売いている販売台数が多い車両を中心に評価試験の対象車種を選定し、市販されている状態の車両を購入して様々な安全性能試験を行い評価します。

安全性能評価において5つ星の評価:ファイブスターを獲得した車種には「ファイブスター賞」が、そして、その中でも最も安全性能評価が高かった車種に「ファイブスター大賞」が授与されます。

この結果はメーカー各社が広報活動などに用いることができます。

今年は乗用車 6 車種、軽自動車 4 車種 計 10 車種の評価を行い、うち6車種がファイブスターを獲得しました。

  • HONDA フィット
  • TOYOTA ヤリス、ヤリス クロス
  • 日産 デイズ、デイズ ハイウェイスター
  • SUBARU LEVORG

そして、レヴォーグは

  • 衝突安全評価 96.91点/100点
  • 予防安全評価 100点/100点
  • 自己自動緊急通報装置 先進型 8点/8点

とほぼ満点の評価をいただき、大賞に選ばれました!

開発に携わった五島氏は授賞式のコメントで

安全につきましては、私どもスバルは2030年死亡交通事故ゼロという目標を掲げております

その実現に向けた技術のいくつかはこのレヴォーグの技術が基本になると考えており、その開発に向けて日々努力しております。

開発のエンジニアも今回の受賞が大変励みになると考えております。

また、私どもの販売現場のセールスもレヴォーグをお客さまにお勧めするにあたり、非常に自信になると考えております。

と述べています。

スバルの安全性能への取り組みが具体的な評価につながってとてもうれしいです!

データで見るレヴォーグの安全性能

米国ではFARS(Fatalitiy Analysis Reporting System)という情報公開システムで車種や発生状況など死亡事故に関するデータを閲覧することができます。

直近5年の間に発売された車両を対象に販売台数100万台あたりの死亡事故数を計算しました。

アメリカで販売されている主要ブランドの車種の平均死亡事故率に対してスバルの平均はそれらより30%~50%くらい低い結果となりました。

  • 2013年 全体55件 に対し スバル28件 (51%)
  • 2014年 全体51件 に対し スバル27件 (53%)
  • 2015年 全体58件 に対し スバル39件 (67%)
  • 2016年 全体57件 に対し スバル33件 (58%)
  • 2017年 全体59件 に対し スバル33件 (56%)
  • 2018年 全体59件 に対し スバル33件 (56%)
  • 2019年 全体59件 に対し スバル32件 (54%)

 

2013年から2019年の7年間においてこの結果なので、偶然ではなく優位に安全性能が他の車種よりも高いと言えます。

高性能なアイサイトや疲労感やストレスのたまりにくい走行性能と運転デバイスの徹底が実を結んだ結果ですね。

ファイブスター大賞受賞のレヴォーグとスバルのすごいとこ

コネクティッドサービス

2030年死亡交通事故ゼロという目標に向けて日々精進しているわけですが、スバルはクルマだけで死亡交通事故ゼロを目指すわけではありません。

ドライバーの皆様の一緒になって、交通安全への意識の向上をしていこうと思っています。

一般的な考えでは、安全性能で高評価を受けたからネガティブな情報を公開したくないと思うところですが、スバルは違います。

ファイブスター大賞を受賞した車種でも事故を起こすとこういう悲惨な結果になる、という衝撃的な動画を公開しています。

ANNのニュース番組の特集でも取り上げられました。

動画はこちらのURLからどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=tNCfyDpADxw

クルマの安全性能をいくら高めても、ドライバーや同乗する人の安全意識を高めていかないと死亡事故を防ぐことはできません。

シートベルトの着用はもちろんなのですが、運転するときの心構えも必要です。

スバルはこれからも死亡事故ゼロを目指しながら愉しいドライブの出来る車の開発を続けていきます。

ファイブスター大賞受賞のまとめ

2020年度ファイブスター大賞受賞レヴォーグの評価

スバルのゼロ次事故安全の意識の元、これからも安全性能が高く乗るのが愉しい車の開発がされていくと思います。

でも、ドライバーや同乗する皆様の安全への意識があって、車の性能を十分に活かせるものだと思います。

スバルショップ香取でもその想いは一緒です。

クルマのことで何か分からないことがありましたらお気軽にご相談くださいね!
一緒にクルマを安全に楽しみましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

*