ボディのこと

冬タイヤの交換時期はいつ?正しく交換してスタッドレスタイヤの寿命の伸ばそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
冬タイヤ 交換時期 雪上の轍

台風シーズンが終わるとすぐに冬ですね。秋のうちに愛車も雪が降っても安全に走れるように冬支度をしておきましょう。

自動車の冬シーズンに向けた準備と言えば、夏タイヤから冬タイヤへの履き替えですよね。近年、思いもよらない大雪が降ったり、急に冷え込んだりでノーマルタイヤで走れないような路面になってしまうことが多くなりました。東京や大阪、南の九州であっても備えてないと大変なことになってしまいます。

これを機に冬タイヤについてしっかり知っておきましょう!いつ交換したらよいか、冬タイヤをお得に買うにはいつなのか、冬タイヤを長く使うためのコツは何なのか、紹介していきます。

冬タイヤとは

冬タイヤ 交換時期 雪上の轍
まずは、冬タイヤとはなんぞや、というところから始まります。

現在は、冬タイヤと言えばスタッドレスタイヤで様々な性能のものがブリヂストンやミシュランなどメーカー各社から販売されています。

かつては冬タイヤと言えば冬の積雪時や凍結時にはタイヤにバナジウム鋼などのスパイクピンを埋め込んだものを使用していました。しかし、通常走行に用いると道路を傷め粉塵を発生させ健康被害も起こったことから、1990年に公布されたスパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律により規制されほとんど販売されなくなりました。

このことにより特に断りがない限り冬タイヤはスタッドレスタイヤのことを指すようになりました。スタッドレスタイヤは、このかつての冬タイヤについていたピン(=スタッド:stud)がない(=レス:less)のでstudless tireと呼ばれています。

スタッドレスタイヤの構造上の特徴は、トレッド面の深い溝、溝を構成するサイプに細かい切れ込み、コンパウンドにあります。

深い溝は雪を踏んだ時に溝の形の氷柱ができ、それをタイヤがひっかけてけり出すことで駆動力を得るのに役立っています。
 
サイプの細かい切れ込みはタイヤが設置したときに氷上に水膜が存在すると摩擦係数が低くなってしまいグリップ力の低下につながるので、それを溝内に表面張力で取り込み、さらに細かいエッジをつかいグリップ力を確保します。

コンパウンドとは複合体という意味でつかわれタイヤの材料のゴムを作るために色々混ぜくるので出来上がった複合体のことをコンパウンドとしています。
 
メーカーでそれぞれ工夫がされており、ゴムに細かい気泡を発生させて成形時に小さな穴になりそこに水膜を取り込む仕組みを作ったり、ガラス繊維やクルミの殻、鶏卵殻などを混ぜてエッジ力を高めたりしています。
 

冬タイヤの注意点

冬タイヤ 交換時期 トレッドパターン

コンパウンドや冬用タイヤ独特の深い溝とサイプが良好な状態に保たれていなければ、雪上や凍結した路面を安全に走るための性能を発揮できなくなってしまいます。

特に溝の深さが新品状態に比べて半分以下になった場合、雪を噛み込んでグリップすることが不十分となり雪上用タイヤとして使えなくなり、整備不良扱いになります。

 
通常のタイヤには磨耗による使用限度を示すスリップサインが溝と溝の間に付けられていますが、スタッドレスタイヤにはこのスリップサインと併せてタイヤのグリップ力の目安にするために、すべり止め装置としての使用限度を示すサイン(プラットホーム)もついています。

また、溝があっても実用限度を超えた長期使用やオフシーズンの保管状態が悪かったりすると、一般タイヤ同様、ゴムが劣化し、走行に影響を与えます。コンパウンドが劣化してしまった場合、新品でも氷上での走行性能はタイヤが摩耗した状態よりも低く、グリップ力が得られない事もありますので注意してください。

 

冬タイヤの寿命

一般的な国産のスノータイヤは寿命が3~4年(3~4シーズン)、もしくは10000kmと言われています。また、ゴムが柔らかく特殊なため、タイヤを使用していなくても製造から5年で使えなくなってしまいます。夏タイヤは使用しての寿命は5年くらいで距離にすると50000㎞が目安とされています。

運転する条件や駐車やタイヤを保管している場所が悪条件だともっと寿命は短くなってしまいます。特に紫外線による劣化は早いのでゴムの硬さやひび割れには注意しましょう。
 

冬タイヤと夏タイヤの違いは何?

冬用のタイヤであるスタッドレスタイヤでも通常の乾いた路面を走ることはできますが、燃費が悪く走行音も大きくなります、これはタイヤに刻まれたトレッドパターンとコンパウンドの特殊性に由来します。

雪道やアイスバーンになった道路もをスリップせずに安全に走ることを優先したトレッドパターンになっており、通常の路面を走行するには夏タイヤに比べ性能は劣っています。また、コンパウンドが柔らかいためタイヤの摩耗も早くなりますので冬時期以外の使用はお勧めできません。

車を購入したときの初期装備のタイヤは基本的にサマータイヤ(=夏タイヤ)です。夏タイヤは乾いた路面と濡れた路面を走るのにゴムやドレットパターンが最適化されているため、走行音が小さく、燃費も良くなるように作られており、ほとんどの路面状態で安定した運転が可能です。

夏タイヤのトレッドパターン

夏タイヤの斗レッドパターン

しかし、雪上や氷上などの冬季の悪条件では、タイヤと路面の間で水膜が生じ摩擦が少なくなるハイドロプレーニング現象が起こってしまいます。この状態だと、ハンドル操作やブレーキが非常に効きづらくなり重大な事故につながる場合があります。

なので、道路交通法71条6号に基づいて、沖縄県を除く各都道府県の公安委員会が積雪、凍結時のルールを定めています。

積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。

とされていますが、細かい規則については各都道府県ごとに違いますので、お住まいの地域で確認してみてください。こちらのサイトが分かりやすくて参考になります。

→ノーマルタイヤでの雪道走行は違反に!都道府県別違反基準と対策は?

 

夏と冬の良いとこ取りの中間タイヤはあるの?

冬タイヤ 交換時期 中間タイヤ
実は海外では割と普及しているタイヤで、オールシーズンタイヤというものがあります。サマータイヤの特徴でもある乾いた路面や濡れた路面での安定性や走行音、燃費はサマータイヤとスタッドレスタイヤの中間くらい、スノータイヤの特徴の雪道走行が可能です。まさに良いとこ取りで高速道路のドライブ中、急な積雪や冷え込みで「冬用タイヤ規制」が出ても安心です。

しかし、トレッドパターンはサマータイヤのものに近いため路面凍結しているところを走ることができないですし、雪道も本家のスタッドレスタイヤほど安定して走れません。

なので、過信は禁物です。タイヤ自体の値段はスノータイヤと比較すると少し高めですが、年に2回の交換するとしたらかかる費用を考慮すると多少お得ではあります。交換したシーズンオフのタイヤの保管場所も必要ないので検討してみてください。

冬タイヤをお得に買うコツ

冬タイヤはあまり使う期間は長くないですがかかる費用は同一グレードであれば多少高くつきます。であれば、少しでも安く買いたくなるのが人の心理というものです。
 

実は冬タイヤはシーズン前の9月~10月とシーズン終盤の1月~2月で平均価格よりも安く手に入りやすくなります。シーズン前はカーショップ、タイヤショップではピークの12月に取り付け作業が集中することを避けるのと在庫管理のために早割という形で9月~10月にセールとして冬タイヤを安く販売することがあります。

また、シーズン終盤は今年販売したものが型落ちになってしまうため、在庫処分として安く販売するようになります。
 

冬タイヤをシーズン外に買うのは安いというメリットだけではありません、デメリットもあります。シーズン外のため品ぞろえが十分ではなく自分の車にぴったりくるサイズと自分の予算感のものが無かったりします。また、シーズン外なので製造年度の古いタイヤも陳列されていることもありますので良く見て購入してください。

冬タイヤの寿命を延ばすためのポイント

 

先ほども書きましたが、冬タイヤは夏タイヤに比べ劣化が早いことが特徴です。そのため、保管方法が寿命を延ばすために重要な要素になります。
 

冬タイヤを保管する前の下準備

冬タイヤも夏タイヤも共通ですが、タイヤを外す時にそれぞれのタイヤがどの場所に装着していたか分かるようにしておきます。このタイヤは右前、こっちのタイヤは左前のように分かるように目印をつけると良いかもしれません。そうすると、次の装着の際にタイヤの装着位置をずらすローテーションで装着することができ、摩耗や劣化具合が偏るのを防ぎます。
 

また、タイヤを外した際に、走行中についてしまった泥や融雪剤や油脂などの汚れをしっかり落とし、水洗いします。その後、水気を拭き取り完全に乾燥させます。乾燥は日の当たるところで行わないようにしてください。紫外線でゴムが劣化してしまいます。

タイヤに規定の空気圧で空気が入っているとゴムが常にパンパンで負荷がかかっている状態になっていますので、保管する際はゴムを休ませる為に空気圧を通常の半分以下くらいまで抜きます。
 

タイヤを保管するときのコツ

冬タイヤ 交換時期 夏タイヤのドレッドパターン

タイヤをなるべく劣化させないように補完するためにはタイヤ保管専用のタイヤラックがあるのがベストですが、無い場合は床に置くしかないですが工夫はできます。

ホイールを装着したまま保管する場合は、立てて保管してしまうとホイールが重いため一点に重さがかかり続けてしまうので、負荷を分散させるためにタイヤを平積みにします。

平積みにする際には、タイヤとタイヤの間に段ボールなどクッションになるものを挟みながら重ねていきます。一番下のタイヤにはかなりの負担がかかるので、それぞれのタイヤに均等に負荷がかかるように月1回くらいの頻度で定期的に順番を入れ替えましょう。

ホイールを外した状態で補完する場合は、立てて壁に立てかける形で保管します。
 

専用のタイヤ保管用のカバーが販売されていますので、万全を期す場合には買っておくと良いです。無い場合は、代わりとなる袋に湿気対策の空気穴をあけてかぶせることでもオッケーです。
 

袋には湿度対策のために新聞紙などの紙類を入れておくことで湿気を吸収させることがおすすめです。カビが生えると大問題です。カバーをかけているときは、風通しが悪くなり湿度もこもるので、天気のよい日には換気のために時々カバーを外し湿気を逃してあげましょう。

冬タイヤ 交換時期 タイヤカバー

冬タイヤの交換時期はいつ?正しく交換してスタッドレスタイヤの寿命の伸ばそう のまとめ

いかがでしたでしょうか、厳しい冷え込みの日が増えてきて冬タイヤ装着規制も増えてきているので冬タイヤを持っていることは必須になりつつありますね。
 

でも、なかなか知らないことも多かったかと思います。しっかり冬タイヤの特徴や取り扱い方を覚えて冬の快適なドライブを楽しんでください。
 

最後までご覧いただきありがとうございました。冬タイヤや冬の愛車の点検・管理などで悩みなどありましたらお気軽にご相談ください。

スバルショップ香取は皆様のご相談やご来店心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*