タイヤのこと

車のタイヤの空気圧って高めがいいってどういうこと?入れる目安のほんとのところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
タイヤ 空気圧 頻度

タイヤの空気圧について詳しく考えたことってありますか?
高めに入れたほうが良いのか?低い方が良いのか?色んな疑問や悩みがあるかと思います。

タイヤにはどれだけ空気を入れてなければいけないか、という基準があり、それを目安に調節します。自転車のタイヤの空気みたいに、触って「よし、大分固いな」ではいけないのです。

車にどれだけ空気を入れればいいかを教えてくれる指定空気圧の表示シールは運転席のドアを開けてフレーム側かガソリンタンクのふたを開けたところに貼ってあると思います。
車種やメーカーによって様々で前輪と後輪で異なる場合があります。

タイヤの空気圧について 車ごとの空気圧適性値

軽トラや、バンタイプの荷物をたくさん積みこむことを想定した車種だと後輪の方がやや高くなる傾向にありますし、フロントの方に荷重のかかるFF車では前輪の方が空気圧が高めに設定されていることがあります。
 
 
前の車でこうだったからー、と確認しないとえらいことになりますのでしっかり確認しておきましょう。

そんな空気圧はタイヤの走行性能に大きく影響します。

高めが良いとか、ぴったりで大丈夫とかいろいろ言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?

タイヤの空気圧の入れる量について高めがいい、というのは本当かどうか、説明していきます。

タイヤの空気圧は高めが良いって言われるようになった理由

空気圧が高い車

まず、タイヤの空気圧は高めに入れといた方が良いよと言われるようになったかというと、以下のような理由があります。

  • 空気は自然漏れするため、それを見越して指定空気圧を割らないようにするため
  • 転がり抵抗を少なくして燃費向上のため
  • 高速走行時にタイヤがたわまないようにするため

とされています。

こちらの記事(タイヤの空気圧チェックの頻度は?これは無料で出来る効果的な点検項目ですよ)でも説明していますが、タイヤの空気は1カ月で5%~10%ほど減少します
 
そのため、空気を入れる頻度が月一だと指定空気圧ぴったりにしていると抜けていったときに走行性能に問題が出るため、ということが根拠になります。
 

たしかにメーカーでは最大走行性能を発揮するためには指定空気圧を下回らないようにしてください、と説明されているので、表示されている数値より少し多めに入れる、ということはメリットが多いと思います。
 

燃費の向上については、空気圧が高まるとタイヤは丸く膨らみますので道路との接地面積が少なくなります。

そうすると摩擦によるエネルギーの損失が少なくなるため燃料の消費量が抑えられ燃費向上につながると考えられています。
 
 
後述しますが、だからと言って無暗に空気圧を高めて良いわけではないので注意してください。
 
高速走行時にタイヤがたわまないように、というのは昔のタイヤは物理的な性能があまり高くなかったため、空気圧が低めの状態で高速回転すると遠心力で異常な変形を起こしスタンディングウェーブ現象が起こりやすくなると言われていました。
 

スタンディングウェーブ現象が起こると、タイヤ内部の温度の上昇と内部のコードが破損でバーストする危険性が高くなります。
そのため、たわまないよう空気圧は高めに入れておきましょうということで、高めが良いとされる根拠と一つとして言われてきました。
 
現在では、タイヤの性能が格段に向上していますので指定空気圧であれば問題なく走行できます。

しかし、荷物の積みすぎによるタイヤへの過負荷でもたわみは発生しますので注意してください。

ちなみに、スタンディングウェーブ現象はこちらの動画が分かりやすく説明しています。


 

指定空気圧が昔より高めになったのはなんで?

空気圧 高め 扁平なタイヤ
 
少し昔の車だと指定空気圧は1.8kpa~2.0kpaくらいの値でしたが、最近の車は2.4kPa前後のものもよく見かけるようになりました。2割増って結構すごいですよね。

これは乗り心地と燃費向上のためにタイヤの転がり抵抗を良くしようとした結果、タイヤ幅を太くしすぎるわけにはいかないのでタイヤの構造を強化し高圧に耐えられるようにしたためです。

タイヤには1本あたり耐えられることのできる重さを表す最大負荷能力いうものが設定してあり、自分の車の最大積載量と乗員2名の時にそれを下回るような空気圧だと整備不良になります。

道路運送車両法の保安基準でも、車両に対してロードインデックスが下回るようなタイヤを装備していると補完基準を満たさないため車検は通れないようになっています。(道路運送車両の保安基準の細目を定める告示:走行装置等167条)
 

少し長くなってしまいましたが、現在のトレンドとして見た目のシャープさからタイヤの形が大きくなり、それに伴い扁平化が進みました。
 

ロードインデックスを維持するためにはタイヤの幅を広くするか、空気圧を高く入れられるようにするかの選択で、タイヤ幅を太くすると接地面積が増え燃費悪化につながり、見た目やタイヤ幅にも限度がありますのでタイヤの耐圧性能を向上させるようになった結果が指定空気圧の上昇につながった、ということです。
 

空気圧を高めにすると乗り心地や燃費にどんな影響があるの?

タイヤ 空気圧 道路と車
 
では、実際にタイヤの空気圧を高めるとどういう事が起こるのでしょうか?

タイヤ内部に空気がたくさん充填されることで、丸く膨らみ固くなります。その物理性能が燃費や運転性能に直結します。
 

メリット

  1. 転がり抵抗が少なくなり燃費が向上する
  2. ハンドル操作が軽くなる
  3. 高速走行時のタイヤ変形の負担が少なくなる
  4. タイヤの走行性能を発揮した状態を長く保てる

 

デメリット

  1. タイヤの剛性が高まり、固い乗り心地になる(ちょっとした凸凹でも揺れを感じるようになる)
  2. ハンドル操作がシビアになりちょっと切ったつもりが大きく車体が動く
  3. タイヤが丸く膨らむことで、センターの荷重が高まり偏摩耗(センター摩耗)を起こす。
  4. 偏摩耗の結果、タイヤの寿命が短くなる
  5. 接地面積が少なくなることで、ブレーキの制動距離が伸びる

 
挙げてみるとメリットデメリット表裏一体の部分もありますが、空気圧を高くすることはデメリットの方が多く感じられますね。

 
もちろん、先にあげた範囲内であればデメリットも少なくメリットを十分に享受できると思います。

やはりこまめな空気圧チェックが一番タイヤに良いので、最低月に一回、翌車に乗る人は給油の度に確認すると丁度良いですね。

タイヤの空気圧についての忘れがちなこと

車のことを考える女性

スペアタイヤも定期的に空気を充てんしましょう。

乗用車用のラジアルタイヤとは構造の異なるランフラットタイヤであることがほとんどなので空気圧も特性も異なります。

ランフラットタイヤは緊急時やパンク時に空気圧がゼロでも修理可能な場所までたどり着けるよう最長100km先まで走行が可能なように作られています。

しかし、スペアタイヤはそれほど強くはありませんので、万が一の時に困らないよう空気圧は保っていてくださいね。

まとめ

タイヤの空気圧 据え置きプリセット型空気入れ
JATMAも説明しているように、指定空気圧を下回らないように管理し、多めに入れるにしても20kPaまでにしましょう。

それ以上にするとデメリットの方が多くなります。

給油でガソリンスタンドによる時は出がけで急いでいたりするかもしれませんが、立ち寄った際には空気圧チェックをする習慣をつけておきましょう。

快適な乗り心地を維持するためにも空気圧を適正に保つことは大事ですので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

タイヤの空気圧チェックの仕方はこちらの記事にまとめてありますので良かったらご覧くださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。
何かご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*