タイヤのこと

放置すると危険!タイヤのひび割れの原因と保護の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
タイヤ ひび割れ

運転手の安全を守るパーツの一つタイヤ、一番よく動いて負担のかかる場所です。ちゃんとメンテナンスや点検はしていますか?

タイヤはゴム製ですので経年劣化は避けられません。溝の深さだけ気にしていると大変なことになってしまいますよ。
タイヤが劣化してくると表面に小さな亀裂が入ってきます。このヒビが大きくなってくると高速走行したときにタイヤが破損するバーストを起こして大事故につながる危険性があります。
熱くなってくると紫外線も増えますのでタイヤの劣化のスピードは速くなります。紫外線の強さが本格的になる前に、タイヤの状態を確認しておきましょう。
また、タイヤ交換する際はメーカーごとに耐久度や走行性能に特徴がありますので、カーショップやディーラー店、タイヤショップで相談して選ぶと良いでしょう。
では、どんなことが原因でひび割れになって、それを保護する方法はどんなことができるのが見ていきましょう。

タイヤのひび割れの原因

経年劣化 浜辺の車 停車中

タイヤのひび割れの大な原因は以下の通りです。

経年劣化

冒頭にも書きましたが、ゴムの経年劣化で表面が干からびてきて引っ張られるようにして弱くなっているところからひび割れてきます。

雨や直射日光、熱、物理ダメージなどいろんな環境要因にされされていますので、車のパーツの中でも特に劣化の速い部分でもあります。

使用目安は製造日から4~5年とされていますので、この期限が来るまでには変えるようにしましょう。

冬タイヤのスタッドレスタイヤはゴムにブリップ力出すために気泡を作ったりクルミ殻を混ぜたりしているので経年劣化の速度は速くノーマルタイヤよりも早めの交換が推奨されています。

タイヤの空気圧不足

空気圧は走行性能を最大限引き出すには適正な値で保たれている必要があります。タイヤの空気圧の過不足は偏摩耗を招きタイヤの劣化を早めます。
特に空気圧不足だとタイヤに負荷がかかり走行性能を発揮できないばかりかヒートセパレーション(発熱による破損)を起こすこともあります。月1回は空気圧の点検をしましょう。

荷重が重すぎる

軽バンや軽トラックなどつい荷物を積みすぎて積載量のぎりぎりまで積んで長距離のドライブをしてしまいがちです。
タイヤに荷重がかかりすぎると空気圧が適正でも重さでタイヤが接地する力がかかりすぎてタイヤの摩耗も早めます。荷物の積みすぎには注意しましょう。

停車状態が長い

ミニカー3台

タイヤには劣化防止剤が含まれています。これは走行中にタイヤにかかる遠心力によって表面にしみ出してくる仕組みですので、停車状態だと劣化防止剤が無くなったままになってしまい、酸素や紫外線に曝されて劣化していきます。

雨ざらしになっていれば余計に劣化スピードは速くなります。適度に運転することも劣化を抑える秘訣の一つです。

路地での運転や、短距離運転が多い

高速道路などで速度を出して運転している時の方がタイヤへの負担が多いと思われますが、実は比較的負担は少ないのです。

それよりも、細い路地でゆっくりカーブを繰り返したり、駐車場に停車するために何度も切り返したりする方がタイヤへの負担が多いです。
特に据え切りと言って、車を進ませずにハンドルを切ることはタイヤを痛める原因になります。クランクや駐車場などで切り返すときや曲がるときはちょっとずつでもよいので車を進めながらハンドルを切りましょう

紫外線

物の劣化させるものの代名詞、紫外線はタイヤのゴムの劣化の最大の原因になります。

紫外線がゴム架橋の分子結合を切断してボロボロにしていきます。そうするとゴムの命でもある弾力が失われていきます。

紫外線対策には紫外線カットの保護剤やシート有効です。駐車場はできれば紫外線カットの屋根などのあるカーポートや車庫にしまっておくのが良いです。

できない場合は、手間はかかりますが車・タイヤ保護シートなどでも代用できます。

艶出しワックス剤

意外かもしれませんが、つや出し剤の一部はタイヤの劣化を早めてしまいます。黒く光らせるために使うのですが、水性のものと油性のものがあります。

水性のものは大丈夫なのですが、油性のものはシリコンを溶かすために石油系溶剤が使われていてゴムに浸透した後に紫外線と反応して変質しゴムを劣化させます。

油性のワックスの方が黒くつやが出てカッコいいですが、タイヤの消耗のことを考えると使うのであれば水性の方が良いでしょう。

タイヤをひび割れから保護する方法

タイヤ 寿命 シートをかぶせる

タイヤの寿命を長くするには劣化を遅らせることが一番です。そのためには上にあげたタイヤ劣化の原因を取り除いたり抑えたりする施策を出来るだけ行うことが重要です。

紫外線から守る

タイヤにはもともと紫外線劣化防止剤が含まれていますので、ほとんど必要ないですが、表面がパサついていたり劣化が始まっているようだったら進む速度を遅くするために紫外線カットの保護スプレーなどの使用は検討する必要があります。
外での長期間の駐車、駐車場が外の場合はタイヤシートをかぶせるなどが有効です。

空気圧と適正に保つ

適切な空気圧はタイヤの正しい形を維持するためにとても重要です。

空気圧の点検はやり方を覚えてしまえば、ガソリンスタンドで無料で出来るところがほとんどですのでとてもコストパフォーマンスの良い手段です。
燃費も良くなりタイヤの寿命も長くなりますので、おすすめです。月一で点検を行う習慣を付けましょう。

適度に洗車を行う

洗い過ぎはタイヤを保護する油膜を取り過ぎてしまうので厳禁ですが、適度な洗車は汚れを落とし清潔に保つことで様々な劣化から守ってくれます。

特に酸性雨には気を付けたほうが良いです。交通量の多い地域で久々に雨の降った時は酸度が強いことがあります。放っておくとタイヤの劣化を進めますので水洗いでもよいので洗い流しましょう。

タイヤの交換目安は溝だけではないですよ

タイヤ交換の限界は製造日から4~5年、スリップサインが見えたら、となっていますが、ひび割れの仕方は気にしていますか?

多少のひび割れは大丈夫ですが、ヒビが長く繋がったり、深くなっていたりしたらバーストの危険が高まっているので交換した方が良いです。下の画像を参考にご自身の愛車のタイヤを確認してみてください。

タイヤのひび割れ 目安
出典『タイヤ安全ニュースNo.72 JATMA』
ひび割れの状態がひどいようだと、車検が通らない場合があります。

その場合は車検を業者にお願いしている場合は車検を通すためにタイヤの交換を一緒にすることになります。

基本的には業者の勧めるもので見積もりが出てきますが、車検の前には直さないと車検通らないですよという段階で、予算はこれくらいでこんな性能のが良いです、と伝えておくとスムーズにいきます。
タイヤの劣化が少ないときはタイヤの摩耗に偏りが出ないようにローテーションをとっていタイヤの設置個所を移動させることがあります。
タイヤを一本だけ変えていると減り方の偏りが大きくなりますので、タイヤを変えるときは出来るだけいっぺんに全部変えたほうが良いです。

まとめ

車 タイヤ ひび割れ まとめ

タイヤのひび割れは見た目では深刻な劣化には見えませんが、積み重なっていくとタイヤのバーストを引き起こす危険な劣化です。タイヤの状態の確認は月一の空気圧の点検の際に一緒に行うと効率が良いですよ。

縁石にこすったり乗り上げたりするとタイヤが激しく痛んだり、中のワイヤーが切れてタイヤの歪むピンチカットという状態にもなります。強い衝撃が加わった場合には、業者にメンテナンスをお願いする方が良いと思います。目に見えない大きな損傷があるかもしれません。
安全なドライブを楽しむには、タイヤの状態も気にして常に走行性能を最大限発揮できるように保ちましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*