タイヤのこと

車のタイヤのローテーションについて 時期や目安は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
タイヤのローテーション

こんにちは、このところめっきり寒くなりましたね。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年は極端すぎてびっくりします。

夏の疲れたタイヤのメンテナンス、していますか?

タイヤの状態で気にするところは空気圧だけ手はありません、溝の減り方やひび割れにも気を配らないといけないのですが、1本1本だけでなくタイヤ全体の減り方にも気を配った方が良いんですよ。

タイヤの寿命、ひいては愛車の寿命を延ばすタイヤの位置交換(ローテ―ション)について紹介したいと思います。

ローテーションとは

タイヤのローテーション

車検や1年点検などで販売店や業者に預けた時に、タイヤのローテーション行っときましたんで、ということは言われたことはないでしょうか?

クルマのタイヤは乗り方や車種によって前輪後輪、左右のタイヤで減り方や減る場所が異なります。

タイヤが偏って摩耗することを偏摩耗と言いますが、この状態で走行すると乗り心地が悪くなったり走行音が大きくなったりしますので、運転中の疲労もたまりやすくなり事故を招きやすくなります。

それを軽減するために、ローテーションは行われます。
タイヤが満遍なくすり減るように前後左右を入れ替えます。

車種によって異なるので下の図をご覧いただくと分かりやすいかと思います。

タイヤのローテーションの位置関係について

FF車のローテーションについて

車体の前方にエンジンが来るFF車は特に前輪の負荷がかかるので後輪の減りに比べ2倍~3倍くらい早いと言われています。

FF車は左前輪を左後輪に、左後輪を右前輪に、右前輪を右後輪に、右後輪を左前輪に、ローテーションを行います。

FR車や4WD車のローテーションについて

FF車のタイヤの交換位置と水平反転させた位置関係で交換します。

左後輪を左前輪に、左前輪を右後輪に、右後輪を右前輪に、右前輪を左後輪に、タイヤをローテーションします。

FR車の場合やリアタイヤに駆動力や制動力などの力がかかるのでフロントタイヤに比べヘリが早いです。

4WD車については、駆動方法の切り替え頻度によって減り方が変わりますので、よく確認しておきましょう。

タイヤに回転方向あるものを使っている場合

タイヤの回転方向性が定まっているものがあります。溝の切り方やブロックの切れ込みの角度に方向性があり、グリップ力や走行性能を高めているため取付位置を間違えるとその性能が損なわれるため、ローテーションする時には気を付けなければなりません。

左右で交換してしまうと回転方向が逆向きになってしまいます。こういったタイヤの側面には「ROTATION→」と書かれているので、新品のタイヤを購入する際には確認しましょう。

スペアタイヤがある場合

車の駆動方法に関わらず、右後輪をスペアタイヤにして、スペアタイヤは右後輪に取り付けます。

このスペアタイヤは応急タイヤではなく、現在付けているタイヤと同じものの予備のものを使います。

ローテーションの目安

走行距離でだいたい5000㎞ごとと言われています。乗り方や車種によって変わりますので、整備の際に整備士さんに聞いてみましょう。

FF車に関してはフロントタイヤのヘリがかなり早いので、目安より早めにローテーションを行う方が良いです。

ローテーションって自分で出来るの?

ローテションを自分で行う

出来ないことはないですが、非常に手間で危険ですし、技術もいりますので業者などにお願いしてしまった方が良いでしょう。

費用もローテーションだけお願いしても2000円~3000円くらいですし、ブレーキパットの交換や何かタイヤを外すような整備を行った際についでにやってもらえれば費用は掛かりません。
ローテーションは自分ではやらず、お願いした方がコスパが良いのでおすすめです。

ローテーションのまとめ

いかがだったでしょうか?車種によって減り方がだいぶ違いますし、頻度も変わってきます。

タイヤの偏摩耗は安全運転の妨げになりますので、定期的にローテーションを行い偏摩耗を防ぎましょう。
費用もそんなに掛かりませんし、時間も30分くらいで終わります。お店でゆったりしながら夏の運転で疲れたタイヤをこの秋にメンテナンスしてみてはいかがでしょう。

愛車との楽しいドライブのお手伝いができれば幸いです。

タイヤのローテーションだけでなく空気圧にも気を付けてくださいね。

タイヤの空気圧って?初心者必見 充填の仕方も紹介します

 

クルマのことで何かお困りのことがあったらいつでもご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

*