運転のこと

車の運転で腰を痛める原因と対策 腰痛気になる人は必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
運転 腰痛 運転中の姿勢

車の種類によってシートやクッション、ヘッドレストなど運転の時に体を支えてくれるパーツは様々です。人によって同じ車種でも乗りやすい乗りにくいが分かれます。

体に合わない運転席だと長時間のドライブでなくとも疲労がたまり腰が痛くなってしまいます。

短時間の運転でも姿勢が悪ければ慢性的な腰痛になってしまうこともあります。今回はその原因と対策、運転するときの正しい姿勢を紹介します。

まずは車の運転で腰が痛くなる原因からです。

車の運転で腰が痛くなる3つの原因

腰痛
そもそも腰が痛くなる原因は「血行不良」です。ストレスのかかる状況で座りっぱなしで肩や腰、足に力が入り、血が滞り筋肉が凝ってしまうことで、腰痛を引き起こします。

また、腰痛だけでなく、眼精疲労や肩こりも同時に起こしやすく、それらが相乗して体の不調の具合を大きくします。

では、運転中のどんなことが要因になっているでしょうか.

 

同じ姿勢が長時間続く

座っている状態というのは一見楽そうに見えますが、実は立っているときに比べ腰にかかる重さの負担は約2倍と言われています。

血行が滞り、老廃物もたまってくると禁句が炎症を起こし痛みを発します。

慢性化するとちょっとほぐしただけでは改善せずに、生活習慣の改善から手を付けてじっくり回復させなくてはならなくなってしまいまので、なるべく重症化する前に手を打ちましょう。

年齢を重ねるごとに、筋力は衰えていきますのでより腰痛になりやすくなります。

筋肉が凝ってしまい、バランスが悪くなるとそれと連動して足や肩、首もバランスが崩れ痛みや違和感を生じます。

長距離ドライバーやタクシーの運転手など職業柄どうしても長時間運転すること多い方は、ちょっとした休憩時間にストレッチを欠かさないようにしましょう。

運転中の姿勢が悪い

同じ姿勢が長時間続かなくとも、シートへの座り方悪いと腰への負担が大きくなります

背もたれを倒してゆったり座るのも楽そうですが、正しい姿勢とは言えず体には悪影響が多いです。

骨盤が床面と垂直になるように座らないと腰が痛くなります。

リクライニングを垂直に立てて背中がピシッと真っすぐになっているとしても腰の後ろに隙間が空いていると骨盤が斜めになっています。

これでは逆に疲れてしまいます。座面も前に滑って行ってしまうので運転中のストレスが大きくなってしますので、座るときは骨盤を意識しましょう

シートを目いっぱい倒して片手でハンドルを握り、もう片方は肘を付きながら運転するのは論外です。かっこ悪いですし危ないですからきちっと座って運転しましょう。

車のシートが合っていない

運転席
車種やグレードによっては細かく調整が可能で、ジャストフィットするシートを作ることもできますが、なかなかそういうわけにもいきません。

シートの硬さや形が合わなかった場合、クッションや背もたれを用意して調節しましょう。

個人的にはダイソーで売っていたメッシュタイプの背もたれが秀逸でした。

ダイソーの背もたれ

背中のS字にフィットし、縦に入っている帯が絶妙な弾力で支えてくれます。メッシュ地なので蒸れないし軽いから取り扱いも簡単です。

100均でこれが買えるなんて恐ろしいです!

運転中の正しい座り方

 

運転で疲労がたまってくると安全な走行にも支障をきたしやすくなります。正しい姿勢で運転中にかかる疲労やストレスを軽減させましょう。

運転の正しい姿勢

※出典:JAF 正しい運転姿勢

上の図はJAF推奨する運転の正しい姿勢です。

正しい姿勢は身体の負荷を軽減し、運転性も向上しますのでストレスも軽減できます。今度運転席に座るときはちょっと意識して座ってみましょう。

まず、シートの前後の位置の決め方ですが、座るときに背もたれに隙間ができないように腰を密着させ深く座ります。

そして、ブレーキペダルを奥まで踏んだ時に膝が軽く曲がるくらいの位置にします。

ブレーキを踏んだ時に膝が目いっぱいまで伸び切ってしまうとブレーキを踏むときに力がかかりにくく細かいコントロールも難しくなります。

逆に狭すぎる場合も細かな操作がやりづらくなりますので注意しましょう。

背もたれの角度はハンドルを両手で握り180度くらい回した時に背中が浮かず肘が軽く曲がるくらいの角度にしましょう。

ヘッドレストは頭頂部の高さに揃え隙間ができないように調節します。どうしても合わない場合は一番高い状態に設定します。

やはり一番大事なのは、最初の深く座るところです。

浅く座ると背もたれに背中を付けた時に骨盤が斜めになってしまい腰への負荷が悪化します。きちんと骨盤が真っすぐになるように意識して深く座りましょう

意外な盲点、フットレスト使っていますか?

運転 腰痛 フットレスト

腰痛の原因として姿勢が悪いということが挙げられていますが、車の種類がAT車ということも腰痛の一因になっているのはご存知でしょうか?

MT車は右足でアクセルとブレーキを操作し、左足はクラッチを操作します。

しかし、AT車ではクラッチペダルがなくなり左足の操作がなくなりました。これにより運転中の足にかかる負荷に不均一を生じバランスが崩れ腰痛を引き起こすようになっています。

右足を操作するペダルの方へ伸ばし、左足はそのまま下へおろす。この状態ですと腰が常に反時計回りにねじれている状態になります。

なので、AT車にはクラッチペダルのあった位置にフットレストという足置きが存在します。これを使ってください。

クラッチペダルを踏んでいたのと近い状態の足の位置になり、バランスがとりやすくなります。

また、急ブレーキや急カーブなどで踏ん張りが必要な時、左足を踏ん張る支えにもなってくれます。

是非、フットレストを活用してみてください。市販のパーツでカスタマイズも可能ですので、自分の体に合わせてより正しい姿勢になるように調節しましょう。

運転で疲れた時はストレッチや体操がおすすめです

車 腰痛 ストレッチ

前述したように腰痛の主な原因は血行不良です。血行を良くすることで腰痛を予防したり軽減したりすることは可能です。

長時間の運転には必ず休憩を取ってストレッチで体をほぐすようにしましょう

パーキングエリアだったり、コンビニで休憩取る際には、全身のストレッチを行うとその後の運転がぐっと楽になりますよ!

 
特に首と肩、膝、アキレス腱などはじっくり伸ばすと良いです。また、ふくらはぎがパンパンになりやすいのでよくマッサージもしておきましょう。
 
渋滞などで休憩のとれないときは、運転に支障が出ない程度にストレッチを行うと良いでしょう。
 

  • 肩をぐるぐる前後に回す
  • 背伸びをする
  • 足首をぐるぐる回したり前後に伸ばしたりする

 
ちょっとしたストレッチでも滞っていた血流や老廃物は動きます。

塵も積もれば山ですので、気が付いたら体を動かしたり筋を伸ばしたりすると良いですよ。
 

車の運転で腰を痛める原因と対策のまとめ

兎にも角にも正しい姿勢が大事です。

腰への負荷がかからないようきちんと座って運転することが腰痛改善の第一歩です。
 

シートのクッションや背もたれの補助など自分の体に合わせて使うとより効果的です。
 
もし、腰痛が酷くてしんどい、という場合はヘルニアや神経痛を発症している場合がありますのでお医者さんの診察を受けることをおススメします。

「治療」が必要な場合は専門の医療機関に受診する必要がありますが、そうでない場合は整体やカイロプラクティックで施術を受けるものおすすめです。
 

ちなみに、当店では郡司カイロプラクティック院の先生がワンコイン施術が行われています。

フェイスブックページで予定を告知していますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

→フェイスブックページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*