運転のこと

正しいハンドルの切り方 長時間切りっぱなしはダメですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
正しいハンドルの握り方

こんにちは、スバルショップ香取です。

以前、正しい姿勢で腰痛を回避、のブログを書いたのですが、正しい運転動作って大事なんです。

ハンドルの握り方は運転姿勢に直結しますので、正しい握り方と回し方を確認しましょう。

また、意外とやってしまっているハンドル操作時の危険なことも知っておくと、ふとした時に「あ、やっちゃってる!」って気づくこともありますよ。
 
 

ハンドルの握り方と切り方のおさらい

正しいハンドルの握り方 スムーズなステアリング

正しいハンドルの握り方として自動車教習所で習うのは、ハンドルを時計に見立てて10時10分か9時15分の位置で握るとされています。

これはあくまで目安なので自分の体形に合わせて微調整が必要です。

10時10分や9時15分で持った時に必要以上に腕が伸びてしまったり、シートから背中が離れてしまう場合は4時40分の位置だったり少し下の方をも強いでしょう。

12時や6時のように極端な位置でなければ、左手がハンドルの左半分、右手が右半分に収まっていれば問題ないとされています。

また、ハンドルを持った時にどうしても腕が伸びたり背中が離れる場合は、シートのリクライニングや座面を前にするなどの調整を行いましょう。
 
姿勢が悪いと安全面の確保だけでなく、疲れやすくなったり、体を痛めたりするので正しい姿勢で乗るよう心がけましょう。

 
ハンドルの切り方は、両手でしっかり持って行うことが前提です。
 
路面状況やカーブの曲がりの強さ、風などで車体が不安定になりハンドルが取られることがあります。

そんな時でもしっかりコントロールできるように両手で持つことが大事です。

正しいハンドルの握り方 運転中

ハンドルの切り方は状況に応じて数種類あります。

基本的には「プッシュ」と言われる押すことを意識したハンドリングを行います。

ハンドルを回す、というよりは押しあげるようにハンドルを送り出すとコントロールしやすいとされています。

右折の時は左手で押しあげるようにハンドルを回し、左折時は右手で押し上げるようにハンドルをリードします。

押すという動作をすることで、反作用でシート側に押し付けられる力が働くので、背中がシートから離れにくくなり、視線も安定します。

曲がり始めるときは、いきなり大きく切らず、じわっとハンドルを切って曲がり具合を見てハンドルの切る量を調節します。

車種やスピード、カーブ半径の大きさによって全然異なりますが、ハンドルの回し終わりはだいたいカーブの真ん中くらいです。

そのあとは微調整しながら曲がっていき、カーブを抜ける少し前でハンドルを戻し始めます。

最初から大きく切っていると曲がりすぎてセンターラインに突っ込んでしまい慌てて戻す羽目になり、ふらふらしてしまいますので、少しずつ切っていきましょう。

右左折などでギュっと曲がるときは、特別に名前の付いたハンドルの切り方をします。

クロスハンドルとプッシュプルハンドルです。

手の運びが全然違うので知らない人は特徴をつかんでおくと運転の時に役に立つかもです。

クロスハンドルについて

正しいハンドルの握り方 クロスハンドル

教習所で教えられる一般的なハンドリングです。

交差点などで使います。特に左折やUターンように、しっかり減速したうえで大きくハンドルを切る時によく使います。

両手で回し始め、曲がる方向の腕がお臍あたりに来たら手を放し、反対の手でグ―っと回していきます。

回しきれなくなる前に離した手を持っている手とクロスさせるようにハンドル持ち直ししっかり握って回し続けます。

この時、最初に握っていた手は放してホームポジションに戻ります。

一般的なハンドルさばきとは言われますが、実はあまり有効とは言えない部分もあります

腕をグ―っと伸ばすのでシートから背中が離れてしまったり、腕がクロスしたときにひっかかってしまって焦ってしまったり、窮屈な思いをしたりと少し安全性に欠けます。

プッシュプルハンドルについて

正しいハンドルの握り方

ロスハンドルのように大きく手を動かすことなく正確で微調整の利くハンドリングです

送りハンドルとも言います。

20km/hくらいで走行しながら曲がるときや、見通しの悪いカーブで視界を確保しながら曲がるときに適しています。

左に曲がるときの操作方法です。右手はしっかり握り押し出して回します。

この時左手は握らず滑らすように動かします。

12時の位置で手がぶつかったところで左手でしっかり握り引く動きを意識してハンドルを送ります。

右手は握らず滑らすようにもとの位置に戻します。曲がり足りなければ再び最初の動作に戻ります。

この動きはあまり慣れていない人が多いので無理にやろうとするとワタワタしてかえって危ないことがあります。

落ち着いて運転できるところである程度練習してから普段使いにするようにした方が良いかもしれません。
 

ハンドル操作でやってはいけない事

車 やってはいけない事

ハンドル操作は車体の動きに直結する大事な運転技術です。

危険な行為をすれば重大な事故につながります。

カッコいいからとか自分がやりやすいから、という理由で行うのは絶対にいけません。正しいやり方でハンドル操作を行いましょう。

片手ハンドル運転

正しいハンドルの握り方 片手運転

あまりハンドル操作をすることがない直線や緩いカーブの連続のバイパスや高速道路などで、片手でハンドルを握って運転することもあるかと思います。

リラックスして行うこともあるかと思いますが、ハンドルはしっかり両手で握って運転しましょう。

内かけハンドル

ハンドルは通常外側から握りますが、これはハンドルの内側から逆手で握り、大きく回す操作方法です。

日本人は引く筋肉が使いやすくできているためというのもありますが、簡単に大きくハンドルが切れることから多用する人が多いです。

衝突事故などが起こった時に重篤なケガにつながります。腕が引っかかってしまったり、動作したエアバッグが腕に当たってしまったりすることも考えられます。

また、素早い動きができず、微調整も効かないので内かけハンドルはやめましょう。
 

ハンドルを長時間切りっぱなしにする

これは意外と知られていない事なのですが、車の取扱説明書には注意書きとして書かれていることが多いです。

最近の車種には電動パワーステアリングが備わっています。

これは電気制御のシステムを用いて運転席でのハンドル操作を電気制御部に伝え大きな力でタイヤを動かす仕組みです。

これが作動しているうちはハンドル操作にはタイヤの重さは伝わりませんので、軽い力でハンドルを切ることができ、車庫入れなどの切り返しも容易にできます。

しかし、パワーステアリングを常に作動させたままにするような、ハンドルを切ったままでいたり、短時間での切り返しの多用したりするとシステムが発熱しオーバーヒートするのを防ぐためにシステムの効きを悪くします。

こうなるとハンドリングが徐々に重くなっていき運転がしづらくなってしまうのですが、車のシステムを守るための正常な働きです。

システムの温度が下がってきたらパワーステアリングは回復していきます。

温度が下がるまで少し待つなどの対策をとりましょう。

システムが過熱するとアイサイトなど他の電子制御が停止する悪影響が出ますので注意してください。

 

ハンドル操作のまとめ

車を楽しく運転する女性

ハンドルの切り方は初心者にとってはかなり難しいと感じることが多いと思います。
 
怖いと思って冷静さを失うと余計にふらふらしてしまいますので、落ち着いて基本に沿ってハンドリングをすれば車はスムーズに動いてくれます

 
最近はyoutubeなどにプロのドライバーや運転上級者が運転の仕方を動画で公開していますので、そういったものをみてイメージトレーニングするのも有効かなと思います。


 
 
ハンドルはしっかり両手で握り、大きく回した時に背中が浮いたりしないようにシートの位置を調節したりして正しい姿勢と握り方で運転できるように心がけましょう。
 
 
クロスハンドルで大きく曲がるときに体が大きく前に動かないようにすることも大事です。送りハンドルを採用するのも一つの手です。

上手にカーブが曲がれたりすると、どんどん運転が楽しくなっていきますよ!

特にスバルの車は水平対向エンジンを採用していますので、カーブの時にかかる遠心力が他の車と段違いで軽いです。

ペタっと地面に吸い付くよなステアリングでスイーっと曲がってくれるので、お時間あるときは試乗してみてくださいね♪

このブログがあなたの愉しいカーライフの一助になりますことを願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

*