運転のこと

ホメパトって知ってますか?ありがとうランプを搭載した褒めまくるパトカーです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
4代目ホメパト SUBARU BRZ

こんにちは、スバルショップ香取です。
雷もなっていましたしもう直ぐ梅雨明けですかね。

スバルの車は色んな所で活躍しています、赤坊のサンバー、警視庁ではレガシィB4など。

そして、首都高では2019年から四代目ホメパトとして「BRZ」が活躍しています。
BRZは新型が昨年アメリカでで発表されて、日本では今年の夏発売予定なのでにわかにざわついていますね。
 
首都高を定期的に巡回しているそうなのですが、ホメパトとは一体何なんでしょうか?
今日は謎のホメパトについて紹介します。
 

ホメパトとは?

4代目ホメパト SUBARU BRZ
画像出典:https://www.smartdriver.jp/project/smart-driverのコンセプトカー通称「ホメパト」とは?/

ホメパトとは一体何なんでしょうか?

パトカーは、スピード超過や停止線無視、煽り運転などの交通違反をした車を罰します。悪い車を罰しているだけでは世間がすさんでしまいます。

早めのウインカーや制限速度内での運転などマナーの良い運転を褒めてポジティブな気持ちになってもらおう!ということで褒めるパトカー、略してホメパトです。

「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに2007年に小山薫堂さんが始めた活動市民主体型交通安全プロジェクト“TOKYO SMART DRIVER”が基になっています。

ロゴのチェッカーフラッグには「安全に家へと帰ること」をゴールとするイメージアイコンとしての意味合いも含まれているそうです。

 

褒められるような正しい運転する人が増え、交通事故が1件減れば2kmの渋滞が減ると言われています。その結果、排出される二酸化炭素の量は3トンも削減できます。
 
「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」

そんな想いに賛同する人が徐々に増え、2017年にはNPO法人日本スマートドライバー機構が設立されました。

この活動は首都高速道路株式会社がバックアップし、日々のパトロールやイベントなどで安全運転啓蒙活動を行っています。
 
2030年に交通事故ゼロを目指すSUBARUは、この活動に賛同し2019年から、SUBARU BRZを車両提供し、褒めるパトカー「ホメパト」として使用していただいています。
 

歴代のホメパトの車種について

ホメパトの活動は2008年から続いており、賛同するメーカーから車両を提供してもらい特別デザインを施されています。

  • 初代ホメパトは「NISSAN GT-R」
  • 二代目は三菱自動車工業の「i-MiEV」
  • 三代目はトヨタ自動車「86」と、Smart(スマート)「スマート電気自動車」の2種類
  • 四代目はSUBARU「BRZ」

 
SUBARU BRZは、プロジェクトのメインカラーであるピンクを基調に、チェッカーフラッグのロゴがボンネットとサイドにデザインされています。
また、特に目を引くのがリアシェルフに設置されているありがとうランプです。

サンキューハザードの代わりに、文字で気持ちをしっかり伝える粋な試みです。

そもそもハザードランプは道路交通法で使用方法が定められており、それ以外の使用は事故を招く危険性があるのでやめましょうと言われています

余談ですが、ありがとうランプは色んなバリエーションで販売されており価格は2万円弱とちょっとお高めです。Thank you など他の文字の商品もあるようです。
 

ホメパトや日本スマートドライバー機構の活動内容ってどんなの?

高速道路の俯瞰画像
 
週に2回、朝と夕方にホメパトに乗って首都高をパトロール巡回しています。パトロール中はwebラジオを配信しながらナイスな運転をする車を褒めることもあります。

イベントを開催し思いやりの運転の啓蒙活動。街灯のイベントなどでは金太郎飴のような「ほめ玉」の配布もしています。

「JAPAN SMART DRIVER」と、自動車の知識を試す検定を作り運営する「クルママイスター検定」とのコラボレーションで、運転に対する気持ちや知識をアップデートするために日頃運転している人でも間違いがちな最新の運転にまつわる問題を厳選しスマートドライブ検定を開催。
 
J-WAVEとJAPAN SMART DRIVERがすべてのドライバーへの「ありがとう」をテーマに募集した作品のうち受賞作品を交通安全の横断幕・Smart Massageに掲載し首都高上に掲げました。

全てのドライバーにありがとうの標語横断幕

活動の最新情報はfacebookページやtwitterから確認できるようです。
 
フェイスブック https://www.facebook.com/japansmartdriver
ツイッター https://twitter.com/_smartdriver

youtubeのチャンネルもあるようですが下記リンクの動画を最後に更新が止まっています。ざんねん。
https://www.youtube.com/watch?v=cut0ssH3Rng
 

ジャパンスマートドライバーの会員になるにはどうしたら良いの?

スバル車 ハンドル
申込に関する資料を下記URLのリンクよりダウンロードして所定の住所に送ります。正会員と賛助会員で費用や特典が異なるので注意してくださいね。

https://www.smartdriver.jp/join/

正会員: 目的に賛同し、主体的に活動を推進する為に入会した個人または団体のことを指します。

入会金 ¥50,000 + 年会費 ¥300,000 = ¥350,000

賛助会員: 目的に賛同し、年会費を収めることで資金面から活動を賛助する為に入会した個人または団体のことを指します。提供される情報は基本的に正会員と同じです。

入会金 ¥10,000+ 年会費 ¥50,000×口数

会員になるとどんな特典があるの?

JAPAN SMART DRIVERとのコラボレーションのご相談を事務局が優先的に受け付けてもらえます。その後、情報提供や打ち合わせが行われます。

入会時に公式ステッカー、ピンズ、タブロイド紙がプレゼントされます。 新グッズが誕生した場合も優先的に配布されます。

会員限定情報、イベント情報や、最新の活動報告等を優先的に配信されます。
首都高だけでなく、全国各地でご当地スマートドライバーとその団体が立ち上がっています。

立ち上げ方などはジャパンスマートドライバーのwebサイトのお問合せからお願いします。

 

ホメパトってどんな車?のまとめ

「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」プロジェクト“TOKYO SMART DRIVER”のコンセプトカーがホメパトです。

そして、4代目ホメパトとしてSUBARU BRZが就任しました。
スバルもこの活動に賛同しています。

2030年交通事故ゼロ運動はメーカーやドライバー、技術者、車に関わる全ての人で取り組んでいくものと思いますので、みんなが交通安全に意識が行くようになれば良いなと思います。
 
ホメパトを見た人が何だあれは?とグーグルなどで調べてジャパンスマートドライバーのホームページにたどり着いて一人でも多く賛同してくれる人が増えることを願っています。

あなたも、ホメパトにほめ玉をもらえるような運転を心がけましょう!
最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*