運転のこと

信号待ちのスマホ操作は違反?罰則はあるの?ながら運転厳罰化でどう変わったの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
運転中 スマホ 注視

こんにちは、町の車屋さん酢パルショップ香取です。

ちょっとした待ち時間があれば、すぐにスマホでニュースとか通知とかを見てしまいますが、車乗っててもやってしまうことってないですか?

基本的に危険ですので、スマホは安全な場所で停車中か車を降りてから使うようにするのが良いです。今は罰則がとても厳しいので万が一捕まることがあった場合大きな損失につながります。

でも、スマホって信号待ちならつかってもいいんじゃないの?という声をよく聞きます。

実際はどうなのでしょうか?

道交法で規制されているスマホの取り扱いについてや、罰則はどのようなものがあるか、おさらいをしてみましょう。

運転中のスマホなどの使用についての罰則は?

運転中 スマホ ながら運転

昨年2019年12月1日に道路交通法の一部が改正され、携帯電話使用等に関する罰則が強化されました。
これはスマートフォンをはじめ車内でも使えるデジタルデバイスの普及による「ながら運転」が増え、死亡事故などの重大な交通事故が増加したことが大きな理由となっています。
2017年に内閣府の「運転中の携帯電話使用に関する世論調査」によると、「信号待ちなどで車両が停止しているときにスマートフォンなどの携帯電話で通話をしたり、または、その画面をじっと見たりしたことがある」と回答した人が23.5%もいました。

要するに約4台に1台の割合でながら運転の車が走っているということです。

スマホの普及率の高さがうかがえますね。
さらに、警視庁の発表では携帯電話等が原因の交通事故の件数が2018年の2832件が過去最大となり2010年に比べ2倍以上も増えていることが分かりました。

翌年からは厳罰化の流れを受けて若干減少傾向にありますが、それでも令和元年で2600件以上も起こっています。
これらのデータが示すように運転中の携帯電話などの使用が交通事故の増加の一因になっていることは明らかで規制して交通の安全を図らなければならなくなりました。
ということで、携帯電話使用等違反に関する罰則の強化が行われ、従来のものに比べ反則金が3倍以上になる、一発免停の違反点数などかなり厳しくなりました。

では、改正前と改正後でどのように変わったか表にして具体的に見ていきましょう。

道交法罰則強化 改正前と改正後の比較

大きく変わったところは、反則金や点数が強化されて部分もありますが、一番変わったと思うところは携帯電話使用等で危険を生じさせる行為の場合で反則金の適用がなくなったところです。

道交法における軽微な交通違反(反則行為)の場合、青切符を切られた時に記載されている反則金を納めることで刑事罰を免れる制度ですが、これがなくなり事故を起こした場合刑事罰が科せられるようになりました。

**携帯電話使用等(交通の危険)→交通事故はもちろんですが、事故を起こさずともそれを引き起こす可能性の高い行為も含まれます。例えば急ブレーキや蛇行運転、対向車線にはみ出すなど、他の車の安全運転を妨げる行為も含まれます。

 

かなり厳しいですが、事故抑制にかなり効果が出ているんではないかと思います。

スマホながら運転の何がNG、何がOK?

運転中 スマホ 注視
肝心の道交法の条文にはどのようなことが書かれているでしょうか?

相変わらずややこしい書き方をしていて理解するのが難しいです。

「道路交通法 第71条 第5号の5 運転者の遵守事項」

『自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、

携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、

又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと』

要点をまとめると以下のように解釈できます。

  1. 車が完全に停止しているときはOK
  2. 通信機器などを手で保持しての操作はNG
  3. 通話のための使用は基本的にNG
  4. 操作をしなくとも画面を注視するのはNG

しかしながら、例外もいくつかあります。

2番目の手で保持して、というところがポイントです。車に取り付けることのできるスマホホルダーに入れての操作はNGではないのです。

運転中 スマホホルダー

また、3番目においてもスピーカーなどを利用して、手で保持していなければ通話もNGではなくなります。

この場合イヤホンは耳を塞いでしまい外界の音が聞こえなくなるので、道路交通法 第70条(安全運転の意義)の直ちに安全運転を阻害する要因として扱われ安全運転義務違反になる可能性があります。

とは言え、違反にならないからと言って安全なわけではありませんので、運転中はスマホは使用せず、安全な場所に停車させてからメールのチェックや通話などを行いましょう。

そして、厄介なのが「画面の注視」です。

具体的に何メートル、何秒と書いていないので、その場で取り締まりをする警察官の判断にゆだねられます。

一応、2秒が目安、と言われていますが、道交法の中にも具体的に書かれているわけでもなく、どこかの省庁で通達があったわけでもありません。

おそらく警視庁の[やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用]のページにある一文の

「運転者が画像を見ることにより危険を感じる時間は運転環境により異なりますが、各種の研究報告によれば、2秒以上見ると運転者が危険を感じるという点では一致しています:引用」

からきているとされています。
参考ページ:https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html
通話自体にも例外規定がありまして、けが人や病人の救護や公共の安全維持のために緊急でやむを得ず走行中に使わなければいけなくなった場合は規制から除外となります。

信号待ちのスマホ操作は違反になるの?のまとめ

運転中 スマホ ながら運転

運転中にスマホなどの機器の操作や使用は危険ですので、行わないことが一番いいですが、やむを得ず使う場合は手で保持しないようにスマホホルダーに入れる、通話はスピーカーモードにするなどの工夫が必要になります。
現在のスマホの普及率の高さに合わせて携帯電話等の使用による重大な事故の件数も増えています。

車の速度で一瞬でも目を放せば相当な距離を移動します。次に視線を前方に戻した時にはもう手遅れになっていることもあります。
運転中は違反にならないからと言ってスマホを使うのはやめて、マナーを守って安全に運転しましょう。

罰則も2019年にかなり強化されており、携帯電話を使用して事故を起こした場合前科がなくとも一発免停になる違反点数を切られてしまいます

また刑事罰にも処されることもありますので、十分心に止めておいてくださいね。

愉しい運転はまず安全運転からです、アイサイトなどのサポートも充実していますが一番は運転手の心構えですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*