運転のこと

ペットと車でお出かけ、暑い時期に注意したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
犬 ドライブ 熱中症

夏のお出かけは家族の一員でもあるペットと一緒にお出かけ出来たら楽しいですよね!

でも、夏は気を付けなければいけないことがたくさんあります。

みんなで楽しい思い出を残せるように、夏、特に気を付けること、熱中症対策について紹介していきます。

ペットは熱中症にかかりやすい

犬 ドライブ 熱中症

種類によっては体が小さいこともありますが、体温調整が人間に比べて得意ではないため外気温が熱かったり熱のこもる場所だったりするとあっという間に体温が上昇し熱中症になってしまいます。

犬の場合は下を出して「はっはっ」と口で呼吸をするパンティングをし始めたら、かなり暑がっている証拠です。

熱中症の症状

ぐったりしていたり、足元がふらつていたりすると熱中症の初期症状の可能性があります。

体温調整がうまくいかなくなっているので、体がいつもより熱くなっています。重症化すると肝臓や腎臓などの内臓や脳にダメージが行き以下の症状が見られるようになります。

  • 下痢
  • 吐き気を示す、嘔吐する
  • 震え・痙攣
  • 意識混濁や意識不明
  • 呼吸停止
  • 吐血・下血・血尿
  • 口周辺が青から青紫に変色するチアノーゼ反応

これらの症状は危険な状態を示しますので、すぐに動物病院で必要な処置を受けましょう。

 

ペットの熱中症への処置

犬 ドライブ 水分補給

熱中症の症状が見られたら、すぐにできる処置をなるべく早く行いましょう。そして、最寄りの動物病院に電話をし医師の診察を受け指示に従いましょう。

応急処置

首、わきの下、腿の付け根など太い血管のあるところを保冷材などで冷やしてあげる。※保冷材や氷を直接当てると凍傷になったり、熱が逃げにくくなったりするので必ずタオルにくるんだりして冷えすぎないように気を付ける。

水を欲しがったら、少しずつこまめに与える。

可能であれば、全身に水をかけてあげるなどで体温を下げる。

等の処置が必要です。可能な限り早く行ってあげればダメージも少なくて済みます。

しかし、冷やしすぎると、血管を収縮させ体温が下がりにくくなってしまいます。平熱くらいまで下げるように意識して行いましょう。

熱中症予防

ペットと車でお出かけするときは、ケージに入れなければなりません。ケージによっては蒸れやすかったりするので暑さ対策をしっかり行い、こまめに中の様子を確認するようにしましょう。

ケージの中でもペットが安心して快適に過ごせるグッズはたくさんありますので、その中でもお勧めのものや予防方法を紹介します。

車用扇風機

乾電池式や充電池式、シガーソケットから電源を取るタイプ、USBで電源を取るタイプなどありますが、車のバッテリーを気にしないで使える乾電池や充電池のものがおすすめです。

ケージは後部座席の足元が基本ですから、冷房の風が届きにくい場所になります。扇風機で風を送ることで体温が上がるのを防ぐことができます。

また、霧吹きもついているものもあり、より効果的に温度を下げられます。

冷感シート・クールシートなど


 
ケージはちょっと狭いかも、と思うサイズが推奨されています。

あまり大きいと急ブレーキを踏んだ時などケージ内で大きく動いてしまい思わぬ怪我につながることがありますし、少し狭いくらいの方がペットも安心することが多いです。

そんなこともあって、ペットから発散される熱がこもりやすいので、冷感シートなどで涼をとってあげる必要があります。

ジェルタイプやアルミ、大理石、御影石など様々な素材のものがありますが、車での移動ということを考えるとコンパクトにしまえることのできるジェルタイプ一択ではないでしょうか。

様々なサイズのシートがありますので、ケージの大きさに合わせて購入しましょう。

しかし、注意点もあります。

ジェルタイプのものを噛んで穴が開いてしまった場合、漏れ出てダメになってしまったり誤飲してしまうことがあります。

噛み癖の強いペットにも対応できるようにシートが2重構造になっているものがありますので、心配な場合はこちらを選びましょう。

過去には保冷材の素材としてポリエチレングリコールという有毒な物質を使っていて問題になりましたが、現在は食品添加物に使われるような無害なゲル剤が使われていますので安心して大丈夫です。

こまめに水分を摂取する

犬や猫は汗腺が肉球のところと鼻の頭にしかないので発汗による体温調整が苦手です。

また、夏は脱水症状も起こしやすいので長時間のドライブになる場合は、1時間をお気に休憩を取り水分補給をしてあげると良いです。

ウェットのペットフード

こまめな水分補給を行おうと思っても、お出かけすると普段とは違う環境にストレスを感じてしまい、水分を摂らなくなってしまうことも良くあります。

そんなときのために、おやつからでも水分を摂取できるようにウェットのペットフードを準備しておくと良いです。保冷剤と一緒にしておき、冷やしておくと体温を下げる一助にもなります。

カーテンなどで日よけと目隠し


 
外の熱い日差しが車内に入ってくると温度が上がりやすくなりますし、ペットが外を行きかう人を気にしてしまい吠えたり怖がったりしてストレスを感じてしまうこともありますので、日よけや目隠しができるカーテンを設置しておくことも大切です。
 

ペットとお出かけするときの注意点

犬 熱中症 日陰 ドライブ 休憩
夏のお出かけで注意しなければいけないことは、サービスエリアやコンビニなど休憩の際に、ペットを歩かせる時です。

アスファルトは夏の日差して火傷するほど熱くなっています。

そんなところを歩かせてしまったら大変なことになってしまいます。
大型犬などの場合は日ごろからペット用の靴を履かせて慣らせて靴を履いて降車します。小型犬や猫などは日陰まで抱えていきましょう。

日陰や芝生などに近いところに駐車する工夫も必要です。

焼けたアスファルトは直に触った時の熱だけではなく、輻射熱と言って熱を放出しています。
ペットの頭や体の位置は人間よりもうんと低いので輻射熱の影響を大きく受けます。

特に鼻の頭には発汗や体温調節の機能が備わっていますので、極度に熱せられると体温調整がうまくできなくなりますので気を付けましょう。

また、アスファルトは紫外線も反射しています。目に大量の紫外線を浴びると白内障のリスクが高まりますので極力焼けたアスファルトにはいかないようにしましょう。

ペットをケージに入れず助手席にいると違反

犬 ドライブ 顔を出す

ペットはとてもかわいいものです。できれば片時も離れたくない!と思う人も多いです。

でも、ルールを守れないのは飼い主の責任を果たせていません。
大きな事故につながり他人も巻き込む危険性があります。

実際に、助手席に犬を座らせておいたため、いつもと違う環境に興奮してしまい運転席の方まで来てしまいブレーキを踏めず事故になったケースもあります。

事故にはつながらなかったものの、巡回中の警察官が助手席に犬がいるのを見つけ停止指示をしたにもかかわらず運転を続けたため道交法違反で逮捕された人もいます。

と、この例からもわかるようにペットをケージに入れずシートに居させることは道路交通法違反になります。

ついでに、助手席や後部座席の窓からペットが顔を出すのも道路交通法違反です。
※写真のものは停車中です。

ケージの中で暑くて狭くてかわいそう、うちの子はおとなしいからシートに出してあげる、なんてことは絶対にしてはいけません。

しっかり保冷対策をしてケージに入れてお出かけを楽しみましょう。

道路交通法第五十五条

車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。
反則金
普通車:6,000円
中・大型車:7,000円

違反点数1点
道路交通法第七十条

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

大型車:12,000円、普通自動車:9,000円、二輪車:7,000円、原付:6,000円
違反点数2点

反則金を納めない場合や、安全運転義務違反により重大な事故を引き起こした場合3ヶ月以下の懲役又は50,000円以下の罰金が科せられます。

まとめ

ドライブ お出かけ ペット 一緒
ペットは人間よりも夏の暑さの影響を受けやすく、ダメージを負いやすいです。

油断しているとすぐに熱中症になってしまいますので気を付けましょう。

特に車に置き去りは絶対にやめましょう。夏の車はすぐに温度が上がってしまいます。こちらの記事でも書きましたが5分で危険な温度になってしまいます。
参考記事:夏、車で赤ちゃんとお出かけ 暑さ対策や注意点

ペットが車の中や移動先で快適に過ごせるように保冷グッズを準備したり、日ごろのしつけの中にも工夫が必要です。

もし、移動中に熱中症になってしまったら、すぐに体を冷やす処置をとり、最寄りの動物病院に連絡をして早急に受診しましょう。

楽しいドライブができて、素敵な思い出が残せるように暑さ対策はしっかり行いましょう。

保冷シートやクーラーボックス、扇風機や水分など持っていくもののリストを作り抜けがないようにしておくと良いですよ。

ペットも家族の一員です、しっかり守って楽しい思い出をたくさん作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*