エンジンのこと

エンジンオイルの交換時期と価格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
ミニカー3台

車屋さんに行くとエンジンオイルの点検の交換はいかがですか?
と頻繁に聞いてくると思いますが、なぜでしょう。

エンジンオイルはいまいち分からないという方も多いと思います。

しかし、エンジンオイルも精密な自動車の動作を担う重要な要素の一つです。
エンジンオイルの汚れが溜まってくるとエンジンが故障し
楽しいお出かけが台無しに、なんてこともあります。

車の故障に驚く女性

そうならないようにエンジンオイルについて

詳しく知っていきましょう。

 

エンジンオイルの交換時期について

一般的には
・普通の運転する場合は、10,000km毎か一年ごとに交換してきます。
・軽油を使うディーゼル車はレギュラーやハイオクのガソリン車より交換時期は早めです。
軽油は高温高圧で爆発燃焼させるのでエンジンオイルの消費消耗が早いためです。
・軽自動車やターボのついている燃料の消費を早くして加速するような過給機のついてる車種も基準の期間より早く交換する。

と言われています。

山道 悪路

また、長距離運転をする頻度が多い・山道などの悪路や坂道などをよく走る場合は
シビアコンディションという枠になりエンジン交換の頻度は特別早くなります。

それぞれの車種で推奨されている交換のタイミングの
半分の期間で交換することが良いとされています。

エンジンオイルの交換時期目安

下の表は車種ごとの交換時期の目安です。

車種 交換時期の目安 シビアコンディションの場合
ガソリン車 15,000km毎 or 1年毎 7,500km毎 or 6ヵ月毎
軽自動車(ガソリン車)
15,000km毎 or 1年毎
7,500km毎 or 6ヵ月毎
ガソリンターボ車 5,000km毎 or 6ヵ月毎 2,500km毎 or 3ヵ月毎
軽自動車(ターボ車) 5,000km毎 or 6ヵ月毎 2,500km毎 or 3ヵ月毎
ディーゼル車 10,000km毎 or 1年毎 6,000km毎 or 6ヵ月毎

 

こういう数字を見ると軽のターボ車で高速道路を結構な速度で走ることが多い方は
エンジンオイルの状態を細かくチェックしていたほうが良いと思えます。

山道カーブ

エンジンオイルの状況が気になる場合は、
お近くの整備会社かディーラー店に点検をお願いするといいです。

千葉県香取市周辺にお住まいの方はぜひスバルショップ香取 高木自動車店にお越しください^^

 

エンジンオイルの交換を頻繁にお勧めする理由は
エンジンオイルの持つ役割にあります。

エンジンオイルとは

エンジンは人間でいるところの心臓に当たる重要な機関です。
ここを正常に動かし守るためにエンジンオイルはしっかりメンテナンスする必要があります。

エンジンオイル

エンジンオイルの5つの役割

・潤滑油としての役割
エンジンは高速で回転しピストンが動いています。この動きをスムーズに行うための潤滑油の役割があります。

 

・密閉性の確保
エンジンは気密性が保たれていないと空気や揮発したガソリンが漏れ出たりで、100%のパフォーマンスを発揮できません。
粘度の高いエンジンオイルがエンジンを組み立てているパーツのわずかな隙間をふさぎます。

 

・冷却剤として

燃料の爆発燃焼による放熱、ピストンやシャフトの高速運動による摩擦熱などでエンジン内が高熱になります。想定外の高温になればエンジンに不具合を発生し最悪焼オーバーヒートしてしまうことがあります。
エンジンオイルがエンジン内を循環し、熱を吸収しフィルターを通って外部に運ばれ冷やされて回収した熱を排熱します。こうしてエンジン内の温度を下げる役割があります。

エンジン!

・洗浄剤として

燃料を燃焼させるとススなどが発生し、スラッジと呼ばれる泥の様なものがエンジン内にたまっていきます。エンジン内部を流れることでこれらの汚れを回収しフィルターで濾して除去する働きがあります。スラッジが溜まっていくとエンジンの働きが悪くなり溜まりすぎるとエンジンストップの可能性が出てくるので清潔に保つためにはエンジンオイルだけでなくフィルターの定期的な交換が推奨されます。

 

・錆(酸化)の防止

エンジン内部はやはり金属ですので空気に触れたりすると錆びていきます。また、運転中はエンジンは非常に高温になりますが、運転していないときは室温くらいの温度になり温度差が大きく結露や水蒸気が発生し水分が付着することもあるので、水分から守る働きもあります。
錆はスムーズな動作を妨げ、燃費の悪化やエンジンの寿命を知事める結果になります。
油分で金属の表面をコーティングすることで空気が触れなくなり錆の防止になります。

エンジンオイルの価格について

油の種類・粘度、自身の運転スタイルによって最適なエンジンオイルの種類が異なり、価格にも反映されますが大体3000円~10000円です。

けっこうな幅がありますが、それはエンジンオイルに12のグレード(ディーゼル車用は7つのグレード)があるからです。

エンジンオイルのグレードはAPIサービス分類という規格で表示されています。
これはアメリカ石油協会が定めた石油関連商品の品質規格のことを指します。
アメリカ石油協会→American Petroleum Institute の頭文字を取っています。

 

ガソリンエンジン用オイルは、「SA」から「SN」まで
12種類のグレードに分類されています。

 

ディーゼルエンジン用オイルは、日本では「CA」から「CF-4」まで
7種類のグレードがあります。

そしてガソリンエンジン用、ディーゼルエンジン用ともに、
2文字目のアルファベッドの順にグレードが高く、また最新の基準になっていきます。
オイルの劣化のしくさ、スラッジなどの溜まりにくさ、サビや腐食を防ぐ力
磨耗防止性、洗浄性、蒸発性、せん断安定性などを審査しています。

 

こうしてグレードが細かく分けられているため価格に幅があります。

ご自身でエンジンオイルの状態を確認する場合

エンジン点検

エンジンオイルのレベルゲージの確認をします。
教習所に行くと習うのですが、なかなかやらないので覚えていない方も多いと思います。
ボンネットなどのエンジンが格納されている部分のふたを開けてみると
黄色いリングがあります。

これを引っ張るとエンジンオイルレベルゲージという棒が出てきます。
これの先端に2つ印がついており、その間にエンジンオイルがあればOKというものです。
また、これをティッシュペーパーなどでふき取ってザラザラが多かったりどす黒かったりすると汚れが溜まっているサインですので交換の目安にもなります。

 

しかし、経験のない人にはボンネットを開けるもの怖いはずです。

そんな時は町の自動車屋さんにお願いしましょう。

スバルショップ香取からのご提案です

当店は気軽に立ち寄れる町の自動車屋さんとして活動してます。
ちょっと気になるんだけど、とか、どうすればいいか分からないというご相談でも
いつでもお待ちしております。

車の行き先

ブログ記事の内容についてあなたのお車で不安な点がありましたら
是非ご相談ください。

 

お車の洗車だけでも承ります。
ちょっと出かけたついでに・お出かけ帰りに寄って休んでいこうのできる
自動車屋さん、スバルショップ香取は皆様のお越しを心よりお待ちしております。

エコ車

 

 

コメントを残す

*