点検・車検のこと

車初心者が知っておいてほしい5つのこと!洗車やタイヤの空気圧などやり方のまとめです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする

こんにちは、スバルショップ香取です。

秋も深まって過ごしやす日も増えたかと思ったのですが、いきなり暑くなってびっくりです。

皆さまも体調崩さないように気を付けてくださいね。
 
 
さて、今日は車を所持して間もない人がどうしたら良いのだろう、やり方が分からないーという悩みやすいポイントについてまとめてみました。
 
内容の詳しい説明は個別の記事にモリモリ書いてありますので気になるものがあったらリンク先から記事へゴーです!
 
また、この記事はまとめ記事ですので、随時コンテンツが追加されていきます。
 

よかったらお気に入りにブックマークやリーディングリストなどに入れておいてくださいね♪
 
それでは、行ってみましょう!
 

タイヤの空気圧の入れ方について

タイヤの空気圧 据え置きプリセット型空気入れ

定番ですね。やっぱりタイヤの空気圧の調べ方とか空気の入れ方は分からない人が多いようです。
入れすぎて爆発したらどうしよう、とか、失敗して空気もれちゃったらどうしようとか、心配事も多いと思います。
 
 
でも、大丈夫です。
 

ポイントさえ押さえておけば簡単です。
 
必要な空気圧は運転席のドア付近にシールが貼ってありますので確認できますし、空気入れは設定した空気圧の分だけしか出ないようになっています。
 
空気を入れる頻度はだいたい月1くらいなので洗車の時に合わせてチェックすると捗りますよ!
 
関連記事はこちらです。

タイヤの交換について

タイヤの交換について

タイヤの空気圧のメンテナンスが分かったら、やっぱり次はタイヤの交換ですよね!

車のパーツで唯一地面と接しており、一番の功労者。そう、タイヤです。
 

タイヤは運転性能を十分に発揮するためには溝がしっかりしていないといけません。

摩擦で削れて溝がなくなってしまったり、紫外線などでの劣化でゴムが固くなっても性能は発揮できなくなります。
 

スリップサインやヒビの状態を確認して、タイヤを適切な時期に交換できるようにしましょう。

関連記事はこちらです。

 

夏タイヤと冬タイヤについて

融雪剤で車が錆びる 雪道と車

一般的にノーマルタイヤが夏タイヤと呼ばれています。対して、凍結した路面や雪道での運転性能に秀でた特殊なゴムや溝を施したタイヤを冬タイヤと呼びます。
 

スリップ事故が多くなる凍結や降雪の悪条件が多くなる冬の道路事情。
 
ノーマルタイヤだけでは対応しきれないので、チェーンを装着したりしますが、スタッドレスタイヤの大頭により一気に利便性が高まりました。
 

ただ、ノーマルタイヤと仕様が全く異なるため、適切な時期に装着して使わなければなりません。その保管方法などのメンテナンスのやり方を知っておいた方が良いでしょう。

冬タイヤについてのブログ記事はこちら

エアコンのメンテナンスについて

車のエアコンのチェック

今や必須アイテムですよね!

夏や冬だけでなく、梅雨時期のじめじめ除去にも大活躍のエアコン。

それだけに、汚れたり劣化したりするもの早くなり、ひどい匂いがしたり、異音がしたり、効きが悪くなったりと不具合も起こってきますね。

 

そんなときの対処法や予防法をまとめてありますので是非ご覧くださいね。
 
やっぱり車検や法定点検の時だけでなく、日ごろからメンテナンスでチェックするのは大切ですよ^^

関連記事はこちらです。

洗車の頻度やタイミング、コツの紹介

車を洗うのが愉しい

洗い方が分からない、必要な道具って何、季節によって洗車のタイミングって変わるの?など悩みは尽きませんね。
 

洗車は塗装面の寿命を引き延ばすうえでも大事ですし、雨天時の視界の確保にも重要です。

フロントガラスが汚れたままだと水滴がびやーっと広がってしまいワイパーを使っていても見づらくなってしまったりします。
 

また、晴天時でも汚れに太陽光が乱反射してしまい前方が見づらくなります。
 
さらに、夜間の対向車のライトも同様に乱反射して視界が悪くなります。
 
 
見た目だけでなく、運転面にも悪影響を及ぼしますので、汚れたなーと感じる前に定期的に洗車をすると良いと思います。
 

関連記事は以下の通りです。

エンジンオイルについて、エンジンの寿命と燃費にとっても重要です!

エンジンオイルの交換

エンジンオイルはいわば自動車の血液の様なものです。ろ過装置はついているものの、定期的にメンテナンスを行わないとその効果は十分に得られなくなるでしょう。
 

劣化したエンジンオイルを使い続けることでエンジン内にスラッジやススなどの汚れが溜まりひどくなればオーバーヒートの原因にもなります。
 
車種ごとに交換のタイミングの目安が決まっていますので、それに従って帰るのが良いと思います。
 

あと、車の乗り方によってはシビアコンディションと言われる状態になりエンジンオイルの劣化が早くなりますので注意しましょう。

エンジンオイルのついての関連記事はこちらです。

初心者に知っておいてほしい事のまとめ

運転が愉しい!

いかがだったでしょうか?意外と項目が多くてげんなりしているかもしれませんね。でも、車を運転するうえでどれも大事なことです。

メンテナンス項目は習慣化することも可能ですので、チェックリストにしてみて日付を決めて洗車ごとに確認してみる、とかでもよいかなーと思います。
 
 
車検出なくとも車の点検は大事ですので、自分でやるのは難しいという方は、お気軽にスバルショップ香取にご相談ください。

最適なメニューをご提案できますよ^^

 

あとは回数をこなすことが一番ですね!空気圧のチェックも洗車も一度やってみることがおすすめです。ゆっくりでもいいのでトライしましょう!
 
この記事はまとめ記事ですので、随時コンテンツが増えていきます。

たまには覗きに来てくださいね^^

 
このブログ記事があなたの愉しいカーライフの一助になることを願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

*