点検・車検のこと

車の暖房は燃費に影響がないってホント?仕組みと効かないときの原因について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
エアコン デフロスター

秋も深まって大分涼しく、いや、寒くなってきましたね。そうなると車の暖房をつけ始める季節になりますね。
車のエアコンで暖房をつけると燃費が悪くなって嫌だなと思っている方いませんか?実は車内を温めるのと冷やすのでは仕組みが全然違うので燃費に影響はありません。

今日のブログ記事は暖房の仕組みと効果的な使い方を紹介します。

車の暖房の仕組みと冷房との違い

エアコン 暖房と冷房の違い

車を温めるのに暖房をつけるとき、A/Cボタンを押していませんか?まったく意味がないわけではないですが、基本的に押す必要はありません。なぜなら暖房はエンジンの排熱を利用しているからエアコンプレッサーは使わないのです。

エンジンの排熱によって温められたクーラントという冷却水に送風機で風を当てて温められた空気が車内に送られ暖房として機能しますので、要するにタダ(無料)です。

冷房は冷たい空気を作り出すためにエンジンの駆動力を使って冷媒を圧縮したりしますので、通常時よりもエンジンの回転数が高くなり負担が大きくなります。そして、冷媒を圧縮して作り出す空気はものすごく冷たいので丁度良い温度にするために排熱を使って調節します。ややこしいですね。
そうすると結露が大量に発生しますので除湿も行われます。ということで、暖房よりも冷房の方が車にかかる負担が大きいため燃費が悪くなるというわけです。

EVハイブリッド車の場合

車の暖房 ハイブリッド車の場合

通常の自動車であれば暖房は燃費に影響を与えませんが、低燃費が売りのハイブリッド車はそうはいかないようです。

暖房の要である冷却水はエンジンが回っていてこそ温度を保てます。その温度は80度~90度くらいと言われています。しかし、エンジンが停止すれば排熱はなくなりますし、外気の冷えた空気も入ってきますのでどんどん温度が下がってしまいます。
ガソリン車であれば車が停車中でもキーでエンジンをストップさせなければ回り続けていますが、EV車の場合はガソリンの仕様を抑えるために停車の度にエンジンが止まります。そうなると、暖房も度々使えなくなっていては冬のドライブはかなり厳しいものになってしまいますよね。
そうならないためにも、エンジンが止まっても冷却水の温度を保つためにエンジンがかかりっぱなしになるように制御が変わり冷却水の温度を保つように機能します。

なのでハイブリッド車の場合、暖房を使ったときは使っていないときに比べて2割程度燃費が悪くなります。
しかし、燃費が悪くなると言ってもガソリン車よりは燃費が良いので節約のためにと暖房をケチってしまって風邪などを引かないようにしてください。普通の車に比べて燃費は良いので無理せず暖房を使いましょう。

暖房付けていたらガラスが曇ってきた

車 暖房 結露

こんな時は迷わずA/Cボタンを押しましょう。外気と内気の温度差が大きくなればなるほどガラスに結露が起きやすく曇りやすくなります。ガラスが白くなると安全な運転にも支障をきたすので早めに処理しましょう。

今こそA/Cボタンの出番です。エアコンが作動すると除湿効果がでるので、デフロスターでガラスの曇りをサッサと取って視界の確保をしましょう。

外気導入でも曇りを取ることができますが、車内の温度が下がってしまうので暖房を使っている状態を考えると効果は薄いかもしれません。
暖房中にA/Cボタンを使う時の注意点としては、除湿機能が働くので車内の湿度が下がり乾きすぎてしまうことです。空気が乾燥しすぎると鼻や喉の粘膜も乾き風邪をひきやすくなったり、鼻炎の人は鼻が詰まったり鼻水が止まらなくなったりします。暖房中は基本的にはボタンはオフで曇った時だけボタンをオンにするのが良いと思います。

暖房が効かない!そんなときの原因は

エアコンが効かない!

  • サーモスタットの異常
  • 冷却水の減少
  • 送風ファン周りの異常

などが挙げられます。

サーモスタットは冷却水の温度が上がりすぎないように制御するための弁の様なもので、一定の温度になると弁を開き冷却水をラジエーターへ流し循環させて冷やします。便が閉まっているときはエンジン内にとどまり暖房用の熱源として十分に活躍することができるのです。

そのサーモスタットが故障すると開きっぱなしになることが多く常に循環するため冷却水が温まりにくく温風が作られなくなってしまいます。サーモスタットの故障の症状としてよくあるのが停車中は暖かい風が出てくるが走行中は暖かい風が出てこなかったりクールランプが付いたりします。

新しいパーツを買って交換することも可能ですが、慣れていない方はお近くのカーショップやディーラー店に相談に行きましょう。
冷却水は温度が上がりすぎると蒸発して減っていってしまいます。冷却水が減るとエンジンの熱を十分に下げられなくなるため暖房の機器が悪くなるだけでなく、オーバーヒートの危険性が高まり最悪エンジンが焼き付いてしまいます。

そうならないためにも一種のサインとしてとらえて、暖房の機器が悪い→冷却水のチェックでオーバーヒートから愛車を守ってください。この場合はパッキンの劣化等で漏れていなければ冷却水の量を正常値に戻せば暖房の効きは戻ります。
送風ファン周りではブロアーファンのモーター自体が故障していたりブロアレジスターの故障が考えられます。電気が通るかの確認が必要になるのでカーショップや業者に頼む方が良いと思います。

車の暖房についてのまとめ

車のエアコンのチェック

冬の運転で暖房は必須です。寒さで凍えてしまうと、筋肉が固まって反応が遅くなったり、寒さで判断力が鈍るなど正常な運転に支障をきたします。大人数でお出かけするときも寒かったらテンションだた下がりですよね。

寒さが本格的になる前に暖房関係のチェックやメンテナンスは必ず行っておきましょう。快適なカーライフのためにスバルショップもお手伝いします。暖房のことだけでなく何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

コメントを残す

*