運転のこと

快適なドライブの邪魔者 車の走行音について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
タイヤ 走行音 道路と車

みんなで楽しいドライブに出かけて、車内でも楽しくおしゃべりしたいですよね。
でも、ガーーッとかゴーーッとか車の走らせる音が大きくて話し声が聞こえなかったら、イライラしてしまいます。

これは走行音と言って車を走らせると空気抵抗や路面やタイヤの状態によって引き起こされるものがほとんどです。
今日はその原因と軽減させる対策を紹介します。

走行音の原因について

タイヤ 走行音 道路と車

主な原因は4つです。

  • ロードノイズ
  • パターンノイズ
  • 空洞共鳴音
  • 風切り音

これらが複合的に起こって車を運転しているときの大きな音になっています。これはどのんな車での多少はするものですので、走行音が少なく快適に乗れることも車選びの重要なポイントになります。
しかし、ドライブ中に車から発せられる音は走行音ばかりではありません。どこか故障している可能性もあるので、異音がする、音がどんどん大きくなる、振動するようになった、など走行音とは別の症状かな、時になる場合には行きつけのカーショップなどに持ち込みチェックしてもらいましょう。
ということで、それぞれの原因について説明していきます。

ロードノイズ
山道カーブ

道路のでこぼこによって引き起こされるガーっとかゴーっと聞こえる音のことです。路面が滑らかなところよりも、継ぎ足し舗装や未舗装、ひび割れてしているような劣化した道路の方が音が大きくなります。
また、タイヤの空気圧が適正でなかったり劣化していたりしても音が大きくなります。
走行中にタイヤと路面が接地することで振動し、サスペンションやボディなどに振動が伝わり不快な音を車内に伝えてしまいます。

主にサスペンションなどから伝わる周波数は50~500Hzとされていて、ドラミングノイズと呼ばれる20~50Hzの低周波も不快な音の原因の一員となっています。これはワンボックスなどの大きめの車で大きくなります。
対策としてはサスペンションのボルトにワッシャーを設置することも挙げられますがちょっと難しいので簡単にできる対策を紹介します。
それは、吸音マットを車内に敷きましょう

タイヤ 走行音 吸音マット
搭乗者に伝わる前に吸収してしまえばよいのです。マットでしたら設置も簡単なのでお勧めです。

ただ、ボディを震わせ伝わってくるノイズについてはマットでは軽減できないのでタイヤや足回りのメンテナンスをしっかりして、軽減できる装置は点検などの際に設置してもらうようにしましょう。

パターンノイズ

タイヤ ノイズ 冬タイヤ ドレッドパターン
これは、タイヤが接地したときに溝(パターン)に空気が出入りするときの音と気柱共鳴を起こした時の音が合わさったものとされています。

シャーっという音が特徴的です。
溝が深く大きいものほどノイズは大きくなります。スポーツ系のタイヤだとコンフォートタイヤよりも大きく音が出ますが、グリップ性を重視した結果だと言えます。
また、タイヤの素材が柔らかいと音が小さくなる傾向にあります。
静粛性を高めた高級タイヤもあります。ぜひ試していただきたいのです。高級なタイヤはグリップ力も良く柔らかいタイヤなので摩耗が早いかと思いますが、シリカという強度をあげる物質がふんだんに入っていますので、あっという間にすり減ったと感じる方は少ないです。
また、コンピュータの解析と処理により溝から発せられる振動を打ち消すような振動をする細かい横溝をタイヤのパターンに組み込んでいるため驚くほど静かなドライブが楽しめるようになっています。

パターンノイズの対策としては、タイヤを静粛性の高いものに変える、空気圧や溝の摩耗具合を適正な状態に保つということです。

空洞共鳴音

タイヤが路面のでこぼこや段差などを乗り上げた時などの振動がタイヤ内部の空洞に伝わり、反響する事で発生する音です。和太鼓が大きな音を鳴らすようなイメージをしていただければわかりやすいかと思います。

対策としては、タイヤ内部に共鳴抑制用に特殊な吸音スポンジの入っているものに交換する。サスペンションの硬さを適正にする。車内に吸音マットを敷くなどが挙げられます。

風切り音

走行音 風切り音 フクロウ

ボディの形状やドアミラー、ボディパネルの隙間、ポールアンテナなどに強い風圧が当たることで周囲で気圧の乱れや渦が生じ空気が振動することで音を発します。
フクロウが音もなく獲物を捕まえるときの原理を応用して、車の風切り音も減らせます。フクロウの羽には細かいギザギザが付いており発生する気圧の乱れや渦を極限まで抑え飛ぶときの風切り音を押さえています。
カーショップなどで、風切り音低減フィンセットやボディパネルの隙間を埋めるモールなどが販売されていますので試してみると良いでしょう。また、最近では最初からこれらがついている車種もあるようです。

車の走行音についてのまとめ

車を楽しく運転する女性

いかがだったでしょうか?意外といろんな原因があって走行中の音を大きくしています。シートを敷いたりシールを貼ったりするだけで簡単に対処できるものもあるので気になる方は試してみましょう。
ただ、最初にも書きましたが、異音は故障を知らせるものである可能性もあると認識しておいてください。音の出どころがエンジンやエアコンなどから聞こえる、ロードノイズのような音ではなく金属が擦れるような音がするなどの症状の場合は点検してもらいましょう。
やっぱりドライブはみんなで楽しくお話しできた方が良いですし、一人のドライブも音を気にせずリラックスして運転したいですよね。走行音が少しでも少なくなって快適な車生活を送れることを願っています。

試乗キャンペーン中!試乗のご予約はこちらから

ただいま、スバルショップ香取では試乗キャンペーンを行っています。
試乗された方にはスバルオリジナルカラビナマグをプレゼントです!

乗ったらわかるスバル車の良さ!ぜひ試してみてください。

※在庫がなくなり次第終了いたします。

スバル 試乗キャンペーン

試乗は当店の周りで10分くらいの2種類あるコースを1つ選んでもらい運転してもらいます。

ご予約はお電話(0478-82-0522)でお申込みいただくかメールやお問合せからご連絡ください。

お申し込み/お問合せ

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*