点検・車検のこと

車検証再発行のやり方 軽自動車と普通車の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
車検証 再交付 原本

車検証はちゃんときれいに持っていますか?

バイクなどの自動二輪車を含む総排気量250㏄以上の自動車の所有者や使用者を公証したり、その自動車が車検時に自動車保安基準に適合していたことを証明する公文書のことを車検証、正式には自動車検査証と言います。
定期的に行われる車検で基準を満たした自動車に交付され運転するときには有効な車検証を携帯することが、道路運送車両法により義務付けられていて違反すると50万円以下の罰金が科せられます。
それくらい大事なものなので、何らかの理由により紛失や汚損してしまうと車検証の不携帯となり罰せられてしまいます。

そんな事態を防ぐためにも車検証の紛失汚損に気が付いたら速やかに再発行の手続きを取りましょう
でも、どこにどうやって申請したらいいか分からないですよね。費用もかかるのでしょうか?そんな疑問を解消するために申請のやり方や申請先、費用などについて紹介します。

 

軽自動車と普通車の申請の違いについて

車検証 再交付 原本

自動車と言ってもいろんな種類や規格があるのはご存知かと思います。実は、車検証もちょっと違います。

軽自動車と普通車では申請先と様式が異なりますので自分で再発行申請するときは注意しましょう。大きな違いは管轄している機関が異なります。
普通自動車は陸運局(地方運輸局)、軽自動車は軽自動車車検証協会が管理しています。それぞれ申請の様式や必要書類が異なりますので再発行の申請の際には確認してください。

共通して必要な書類や持ち物

本人が申請する場合

  • 身分証明書(住所や顔写真か確認できる運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 本人の認印
  • 汚損などで原本がある場合は原本

普通自動車の再発行について

車検証 再交付 地方運輸局

車検証再発行の受付場所:ナンバープレートに記載されている地域を管轄する陸運局
車検証再発行の受付日:平日 午前9:00~12:00、午後1:00~4:00のみ
申請様式:様式3号ダウンロードページ 印刷サイズはA4のみ:http://www.mlit.go.jp/common/001287622.pdf :国土交通省webサイト

その他必要な書類

  • 原本がない場合はその理由を記した理由書
  • 再発行の手数料を支払いうための手数料納付書と再交付費用300円
  • 代理人が行う時には委任状と代理人の身分証明書が必要です。

軽自動車の再発行について

車検証再発行の受付場所:ナンバープレートに記載されている地域を管轄する軽自動車検査協会の事務所や支所
車検証再発行の受付日:平日 午前8:45 ~ 11:45、午後1:00~4:00のみ (それぞれの支所で異なる場合がありますのでご確認ください。)
申請様式:軽第3号様式ダウンロードページ 印刷サイズはA4のみ:軽自動車検査協会webサイト
https://www.keikenkyo.or.jp/procedures/procedures_001224.html

再交付申請手数料:300円

軽自動車の場合は、代理人でも人情の必要がなく、原本がない場合も理由書の必要がありません。再発行の費用も申請書は必要なく窓口で300円支払えば大丈夫です。

ディーラー店など業者に依頼する場合

申請に必要な書類を記入・押印して依頼し、地域の管轄する地方運輸局や協会支所までの距離などで手間賃が発生します。
相場は3000円~5000円となっています。これに加えて再発行費用の300円が加算されます。

再発行した車検証は郵送できるのか?

車検証 再交付 郵送サービス

出来ません。運輸局、協会支所の窓口では郵送のサービスは行っていないので、業者などに依頼した場合代理人が窓口まで受け取りに行ってそれぞれの事業所から郵送という形なら可能になります。
業者に依頼する場合は、郵送のサービスがあるか事前に確認しておくと良いでしょう。

車検証が必要な時ってどんな時

普段運転する分にはあまり使う機会はありませんが、車に関わる節目節目では必要になります。

  • 車の名義変更
  • 車を売るとき
  • 任意保険の加入や変更時

このような時には車検証の提示が必要ですので、いざという時に使えるようにしておきましょう。

車検証再発行のやり方 軽自動車と普通車の違いのまとめ

車検証 再交付 やり方 まとめ

車検証は普段は車購入の際についてくるマニュアルやその他整備書と一緒に専用のファイルに入ってグローブボックスに収納されているかと思います。
車上荒らしの被害に合って盗難されたり、取り出したりして何らかの理由で紛失汚損してしまった場合は手続きは簡単ですし費用もあまりかかりませんので速やかに再交付をしましょう。しかし、窓口の営業が平日のみなのでお勤めされている方には時間の都合がつかない場合もあります。
そんな時は行きつけのディーラー店などの申請代行を利用してみましょう。

車検証の再交付はあまり行うことが無いですが、もしもの時に慌てないようにやり方などは知っておいた方が良いですよ。車検証のことで何か困ったことがありましたらご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*