点検・車検のこと

冬は車の故障の季節、よくあるトラブルとメンテナンス方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
冬タイヤ 交換時期 中間タイヤ

冬は寒くてちょっとした距離でも出歩くのっていやですよね。

普段は歩きや自転車で行っていたところも車で行ってしまうことも多いです。寒いですもん。
でも、冬は自動車の故障の多い季節です。ちょっと乗りを頻繁に行っていると、突然バッテリーが上がって動かないっ!ってこともよくあるようです。

JAFに寄せられる冬場の出動依頼の3分の1くらいはバッテリー上がりだそうで、気を付けないといけないところです。
他にも冬は注意するところがたくさんありますので、メンテナンスをした方が良いところを中心に紹介していきます。

バッテリー液

バッテリーは近年性能が上がってきて、バッテリー液の劣化の少ないものも増えてきていますが、鉛と二酸化鉛でできた極板を使った開放型のバッテリー液の減りの速いタイプのものもまだまだ多いです。
バッテリー液は新品でも気温0度の時は約80%くらいしか性能を発揮できないので、古くなったバッテリーだとさらに性能は低下します。

そうなると電圧が低くなりセルモーターが動かない、ということになります。

 

こうなると、ブースターケーブルを使って他の車から電気を分けてもらうことになるのですが、車が来なかったらどうします?

そうです、JAFです。

ということで、冒頭にも書きましたJAFの出動理由が多いのはこのためです。

ブースターケーブルを使った充電方法はこちらの動画が分かりやすく解説しているのでおすすめです。

エンジンオイル

エンジンオイルは温度によって粘度が変わるようになっています。そのため、気温の低い冬では固くなりやすく、通常よりもエンジンの始動の負担が大きくなります。ここの負担が大きいとバッテリーにも負担がかかるのでエンジンオイルの状態はチェック必至です。

オイルの粘度は「xxW-yy」といったように表示されています。xxとyyには数値が入り、Wの前の数字が低温時の性能を示すもので、より小さい数字が寒さに強いエンジンオイルといえます。15Wは-10度、10Wは-20度、5Wは-30度でも粘性を保つことができます。スキーなどの冬レジャーで寒冷地に出かけるなら、10Wより数字の小さいものを選んでおけば、間違いないと思います。

ちなみに、yyの部分は高温への耐性になります。数字=耐えられる外気温となっています。

エンジンオイルを長期間使用していると金属カスや汚れなどが溜まり性能が劣化してきますので上記のような温度内でも正常に働かなくなるので、定期的にエンジンオイルの状態は確認しましょう。

車 メンテナンス エンジンオイル レベルゲージ
オイルゲージの見方が分からない方は、カーショップなどのイベントで行っている愛車無料点検などを利用すると良いですよ。

エンジンオイルのオイルゲージの見方はこちらの記事へ
日ごろの車のメンテナンスはやり方ってあるの?

冷却水

車の消耗品は年々性能が上がっていき、現在ではほとんど劣化しない冷却水が登場しています。ロングライフクーラント(LLC)と呼ばれる劣化の少ないものも登場しています。

冬場多い故障のケースとしては、不凍液の濃度が薄くなっていると低温下で冷却水が凍結して、ラジエーターの破損につながる可能性があります。ラジエーター破損は場合によっては修理代が数十万円~100万円レベルになることもありますのでここは必ずチェックしておきましょう。

徐々に減っていくものですので、車検毎に全量交換するというのが一番おすすめです。

冬でなくとも車にあると良い物

急に車が動かなくなった!という時に、市街地ならまぁ問題ないんですが、人気の少ない山道などで車が止まってしまったらJAFなど呼んでも来るまでに時間がかかる。

ということもあり得ますので。

携帯バッテリーや暖房器具などを車載しておくと良いです。

携帯バッテリーはクローブボックスに収まるサイズの物での電化製品を3~4時間動作されらるだけの電力を蓄えられるものもありますので、バッテリー上がりでも安心です。

冬は車の故障の季節、トラブルとその対処法のまとめ

スタッドレスタイヤ 雪道

冬、車の故障しやすい部分はドライブ中にドラブル発生してしまいますと車が動かなくなってしまいますので日ごろのメンテナンスはとっても大事です。

そして、トラブルが起きてしまったときの連絡先は複数持っておきましょう。

JAFや任意自動車保険、その他ロードサービス会社の電話番号はスマホに登録したりや電話帳を車に乗せておくと良いです。

また、救援に長時間来ないことも考えられますので、極寒の中車で待つのは命に関わる場合があります。

電化製品が動かせるくらいの容量の携帯バッテリー防寒具などは車に常備しておきましょう。

冬のドライブを安全にするためにも車の点検は定期的に受けてくださいね。

コメントを残す

*