その他

車で子供とお出かけするとき必需品 用意しておくと何かと便利ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
車 子供 お出かけ

家族みんなでお出かけするのは楽しいですよね。徒歩、車、電車、飛行機など、移動手段によって行けるところも用意するのも全然違います。特に小さなお子様がいる家族は持ち物が多くて大変です。

今日は子供連れでの家族のお出かけや旅行をスムーズに楽しくするための秘訣を紹介します。

車でお出かけのメリット・デメリット

車 お出かけ 家族

様々な移動手段がありますが、乳児や幼児を連れて公共の交通機関を使っての移動だと周りに気を遣うことも多くなり、また本人たちの体力や機嫌などにも行動が制限されてしまって大変ですよね。

そこで車の登場です。
たくさんメリットもあるけどデメリットもあります。

良いとこ悪いところを知っておくとお出かけの移動手段決めが楽になります。

車移動のメリット

  • 乗り換えの時間など時刻表を気にしなくてよい
  • 好きな場所や寄り道など自由に移動できる
  • 子どもがぐずっても周りに迷惑が掛からない
  • 休憩が取りやすい
  • 荷物をたくさん持っていける
  • キャンピングカーなら車中泊ができかなり遠出ができる
  • 人数と距離によっては交通費が割安になる

やはり小さな子供がいるとぐずってしまって行動不能に陥った時に電車などだとあやすのにも一苦労ですし、周りに迷惑掛かけてしまうという負い目からくるストレスが尋常じゃないです。
その点車は、家族のみのスペースになりますので周りの人のことをほぼ気にする必要がありません。授乳が必要な場合も、駅のホームや施設内を授乳室を探し回ったりする必要もありませんので安心です。
休憩をとるときも最寄りのコンビニやスーパーなどを探していけるので、急なトイレなどにも対応しやすいです。どうしても間に合わないときでも携帯トイレを常備しておけば最悪の事態は免れることができます。

車でのお出かけは周りの人に迷惑をかけづらい点と時間を気にしなくていい点が最大の利点ですね。

車でお出かけのデメリット

車のことを考える女性

  • 運転手の負担が大きい
  • 運転手がアルコールを飲めなくなる
  • 長時間の乗車に子供が耐えられなくなることがある
  • 車酔いをする
  • 渋滞によるストレス
  • 荷物が多くなりすぎる
  • 子供用の荷物の準備が大変
  • 道に迷う可能性がある
  • 小さい子供が複数いる場合チャイルドシートの設置が大変

免許を持っている人が一人だと、その人がずっと運転することになるので普段あまり車を運転されない方の場合、長距離のお出かけだとかなりの負担になります

しかも、食事の時はアルコールを飲めないのでぐぬぬぬっとなることも。。。

子どもは三半規管が未発達なので、車酔いしやすくちょっとしたことで気持ち悪くなってしまうことも多々あります。そうなると、楽しい旅行のはずがグロッキー状態になってしまい1日何もできなかった、ということはよくあります。

車酔いしないように、

  • 前日は夜更かししない
  • お出かけ前は食べ過ぎない(特に脂っこいもの)
  • 乗車中は本を読んだりスマホで動画を観たり、下向きになって集中しない

などの対策をした方が良いと思います。

酔い止めも乗車前に飲んでおけば少しは安心ですね。
また、車では自由に動けるのがメリットですが、渋滞にはまってしまうリスクも考えなければなりません。ひどい場合には何時間も動けなくなることもあります。
車と飛行機
公共の乗り物であれば、ほぼ定刻通りにつきますので、遅刻したとか間に合わなかったとかいうトラブルは避けることができますね。
車で人気のスポットや行楽シーズン、帰省シーズンの時の移動は、事前に交通情報をしっかり確認して経路を決めましょう。また、運転中も可能な限り交通状況を把握して臨機応変に対応していきましょう。
デメリットも事前の準備などでかなり解消できますので、お出かけの際はしっかり準備しましょうね。

ということで、子どもとお出かけするときの必須アイテムなどを紹介していきます。

車内に常備しておきたいもの

  • 携帯トイレ
  • 雨具
  • 汚れ防止シート
  • 箱ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 大きめのビニール袋
  • エチケット袋
  • 虫よけスプレー
  • 消臭スプレー

お出かけではなくても、普段の買い物や送迎の時にちょっと汚したとかというのは良くありますし、汚れとりやごみ袋、消臭グッズは頻繁に使うので常備しておくと良いでしょう。

突然雨もありますので、雨合羽や折り畳み傘も備えてあると安心です。

消耗品はストックの残量を確認し、ある一定の数まで減ったら買い足すようなシステムを作っておくと「あ、ない!」という事態を避けられますよ。

 

お出かけに一緒にもっていきたいもの

車 子供 お出かけ

  • 飲食物
  • 子ども人数分の着替え
  • タオル・ハンカチ
  • 酔い止めの薬
  • おもちゃ
  • オーディオデバイス・再生用データ
  • カメラ・ビデオ
  • 充電器(携帯電話、カメラ用など)
  • モバイルバッテリー

この辺のものは子供の年齢関わらず用意しておいた方が良いものです。子供は服を良く汚しますし、手も洗う時に拭くものが必須になります。

そんな一連のやり取りも良い思い出なので、記録できるデバイスを持っていきましょう。

車内で過ごす時間も長くなってくるといくらワクワクしていても子供は暇を持て余します。お絵描きセットやいつも遊んでいるおもちゃを持っていくと機嫌を損なわずに済みます。

特に小さなお子様がいる場合に必要なもの

  • おむつ・おしり拭き
  • ビニール袋(小さいものを複数枚)
  • 着替え(最低上下1セット)
  • マグ・水筒
  • ミルク用品
  • ガーゼ・タオル
  • 抱っこひも
  • お気に入りのおもちゃ(複数種類)
  • お菓子・おやつ・離乳食などのベビーフード
  • お食事セット(スプーン・おはし・エプロン)
  • 母子手帳(子供医療助成受給券、健康保険証)
  • 帽子
  • ベビーカー
  • ハサミ

小さいお子様とお出かけするときは本当にいろんなものが必要です。自宅で使っている物一式持って出るつもりの量になってしまいますが、これらがないと結構困ります。

お家で使っている慣れているものでないと、使ってくれないとか良くありますし、施設によっては小さい子供用の道具がそろってない場合もあります。

使うものは全部持ってくくらいのつもりで用意しましょう。

小さい子供の大荷物をそろえるためのポイント

上述しました通り、小さい子供を連れてのお出かけの時に必要な荷物の量は尋常じゃないです。車に荷詰めしているところ近所に人に見られたら「え?引っ越すの?」と思われるような量になります。
ですので、使用頻度の低いものや消耗品は大きめのバッグなどにお出かけセットをあらかじめ詰めて常備しておき、

食べ物やおもちゃなどはそれぞれ持ち出しやすい場所に普段からセットしておくと準備の時に手間取らないで済みます。
また、子どものお出かけセットの準備に慣れていない人は事前に持ち物チェックシートを作って置き、それに沿って準備していくと良いでしょう。

まとめ

車で家族とお出かけ 子供 退屈
子どもを連れての車のお出かけは一長一短ですが、事前にしっかり備えができていれば快適で素敵な思い出を残すことができると思います。

必要なもののリストを見ると、こんなにあるのか、とげんなりしてしまうかもしれませんが、これさえ持っていれば旅先の子供に関するトラブルはほぼ解決可能です。

公共の交通機関にない自由なお出かけを満喫するために、事前の準備はしっかりやっておきましょう。最初は大変かもしれませんが、慣れてきたらぱっと詰めて出かけることもできますし、子どもが大きくなってくれば荷物も少なくなってきます。

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出は控えるようにと言われており、解決の見通しがまだはっきり出ていないので、これから迎える行楽シーズン不安ですが、楽しめる機会があった時に目いっぱい楽しめるようにぜひともこのリストは知っておいてくださいね。
あなたのカーライフがもっと素敵なものになることを願っております。最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*