点検・車検のこと

個人でもできる名義変更の手続きのやり方 必要書類などの解説付き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メモ代わりにSNSでシェアすると便利です★
facebookでシェアする はてなブックマーク LINEでお知らせする
車 名義変更 ローン契約

車を安く手に入れようと思ったりすると個人間での譲渡や売買になっていまいますよね、その際には必ず名義変更が必要になります。でも、名義変更はどうやるの?という方も多いと思います。そんな時は業者にお願いしてしまうのも簡単でよいと思います。
ご自身でやりたい方や、名義変更ってどんなやり方なの?と知りたい方はこの記事を参考にしていただけると幸いです。

引っ越しなどで車のいらない地域へ移る場合、今まで乗っていた愛車を廃車にすることもあるかと思います。ローンが残っていたりすると廃車にできないのでその際はローンを完済して車の名義を自分に変える必要が出てきます。

何かあった時に自分でも名義変更のやり方が分かっていると焦らず対処できると思いますよ。ぜひこの機会に知っておいてくださいね。

名義変更に必要な書類

車検証 車 名義変更 必要書類

ご自身で行う時と業者などに依頼して名義変更を行う場合で必要なしょうるが異なります。また、自動車か軽自動車かで申請する場所が異なりますのでよく確認しておきましょう。

ご自身で名義変更を行う場合

譲渡証明書
売買や相続など譲渡で自動車の所有者が変わった時に必要な書面です。いつ、誰に譲渡が行われたかを証明します。公式な書類のため譲渡証明書は、定められた様式のものでなければいけません。国土交通省webサイトの「ホーム>政策・仕事>自動車>登録手続」よりダウンロードが可能です。申請時には旧所有者の実印で押印したものが必要です。

旧所有者と新所有者の印鑑証明(※発行から3か月以内のもの)

旧所有者と新所有者の実印で押印済みの委任状
※名義変更の申請を新・旧所有者のいずれかが行う場合は、その委任状は必要ありませんが実印を持参する必要があります。

車検証 ※有効期限内のものを用意してください。

新使用者の車庫証明書
※発行から1か月以内のもの。新所有者・新使用者が身内などで拠点の移動がない場合には不要です。また、ローン完済による所有権解除の場合も不要です。発行する場合は、自宅住所を管轄する警察署ではなく、車庫の場所を管轄する警察署で申請する必要があります。

手数料納付書

自動車税申告書

申請書(第1号様式)

※※必要な書類に押印するときの注意点としては、委任状には印鑑登録のものと同じものを押印してください。

さらに書類が必要になる場合

車 名義変更 書類のチェックポイント

未成年が新旧所有者に含まれる場合

未成年の所有者の戸籍謄本
発行から3か月以内のその未成年の父親か母親の印鑑証明書
両親の実印で押印した同意書(印鑑は印鑑証明と同一のもの)
※戸籍謄本については発行から3か月以上たっていても問題ありません。

所有者が死亡している場合

死亡した所有者の除籍謄本(戸籍謄本)
遺産分割協議書

新所有者と新使用者で名義が異なる場合

新使用者の住民票と委任状
住民票は発行から3か月以内のものが必要ですが、コピーでも大丈夫です。また、印鑑証明でも代用可能です。こちらもコピーでも大丈夫です。委任状については使用者本人が申請を行う場合には必要ありません。その場合には印鑑を持参する必要があります。

希望するナンバーや柄がある場合

名義変更の申請時に必要な書類は「希望番号予約済証」です。こちらは希望の図柄やナンバーを事前に申請した後にもらえる書類ですので、名義変更の前に以下の申込サービスで申請しておく必要があります
図柄ナンバーで希望する番号にしたい場合
図柄ナンバー申込サービス(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ
図柄ナンバー以外で希望する番号にしたい場合
希望番号申込サービス(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)

軽自動車の場合
図柄入りナンバー交付について(軽自動車検査協会ホームページ)
希望ナンバー交付について(軽自動車検査協会ホームページ)

ナンバープレートが盗難や紛失で返納できない場合

理由書(使用者もしくは所有者の認印で押印のあるもの。)
理由書には、紛失に気が付いた時点、盗難に遭った時点での所有者または使用者とその理由を記入します。

業者に依頼する際に必要な書類

車 名義変更 業者へ依頼

  • 譲渡証明書
  • 旧所有者と新所有者の印鑑証明(※発行から3か月以内のもの)
  • 旧所有者と新所有者の実印で押印済みの委任状
  • 車検証
  • 新使用者の車庫証明書

名義変更当日の流れ

必要な用紙の記入

お住まいの地方運輸局に行き、窓口で申請の申し込みをします。この時必要書類で手数料納付書、自動車税申告書、申請書(第1号様式)が不足している場合は受け取ります。
ナンバープレートの変更がある場合は、運輸支局内の希望番号予約センターで予約済証を受けとり必要事項を記入します。
手数料納付書に必要な印紙は印紙販売窓口で購入しましょう。

窓口へ必要書類の提出

記入した項目に不備がないか確かめて事前に用意した書類も含め一式を窓口に提出します。書類に問題がなければ名義変更が終了するまで待ちます。月末、年度末などは繁忙期になるためかなり時間がかかることがあります。

自動車取得税の申告と納税

名義変更が終了しますと新しい車検証と自動車税申告書を支所内の納税事務所の窓口へ持っていきます。環境性能割などの税率がかかる場合はこちらで計算されますので提示された金額で納税しましょう。

ナンバープレートの変更がない場合はここで名義変更は終了になります。

ナンバープレートの変更がある場合

車 名義変更 ナンバー変更
まずナンバー返却窓口へ赴き、今ついているプレートを外します。外すための道具は窓口に置いてあり、説明書なども置いてありますので手順通り外して窓口にナンバープレートを返納します。
その後ナンバー交付窓口へ行き新しいナンバープレートとともに取り付けるためのビスなどを受け取ってください。

最後に取り付けたナンバーの封印が必要なので、封印取付所で車検証を確認してもらい、ナンバープレートがこの自動車のものであることを確認されるとリアナンバーに封印が取り付けられます。
これでナンバープレートの変更を含む名義変更は終了です。

※軽自動車で名義変更する場合は陸運局ではなく、軽自動車検査協会になります。間違えないように注意してください。また、法人の場合は印鑑証明は法人のもの、謄本は法務局で取得できる登記簿謄本になります。

業者に代行したときのメリット

必要書類を自分で申請しに行く手間がなくなり大幅な時間短縮が可能です。また、土日休みの方は市役所などに行く必要があるため平日に有給を取る必要がなくなるので大きなメリットとなります。書類をそろえるときに地味ですが大きな問題点として書き損じや押印し忘れ、失敗などがあり、大きなストレスになります。

業者に依頼することによってこれらの問題もなくなり、確実に申請をしてくれます。申し込みの際には委任状などへの記入と押印が必要になります。

スバルショップ香取では名義変更は10,000円(+消費税)で行っております。金曜日に陸運局に行くので木曜日までに委任状などをもってご来店いただければ翌週月曜には変更完了いたします。

 

業者に代行したときにデメリット

申請に必要な書類をそろえるための費用以外に手間賃がかかることくらいです。
ご自身で申請するためにかかる労力と時間を考えたらほとんどデメリットはないと思います。

それぞれの書類などにかかる費用

印鑑証明 300円
車庫証明… 保管場所証明申請書 2000~2200円
保管場所標章交付申請書 500~600円
移転登録手数料 500円(手数料納付書)
ナンバープレート代 1500円くらい ※変更する場合
希望のナンバープレートにする場合 3900~4400円
希望の図柄ナンバープレートにする場合 7000~9200円
自動車取得税 取得した車の評価額によって異なる
自動車取得税についての詳細はこちらをご覧ください(https://www.sbisonpo.co.jp/car/column/column07.html)

名義変更しないとどうなるの?

車 名義変更 運転中

まずは起こりえるトラブルをあげますと

  • 盗難にあった際所有者がどちらかを証明することが複雑化する
  • 任意保険加入の際に前の所有者が持っていた割高な等級を引き継ぐ可能性がある
  • 前の所有者に自動車税の支払いが行ってしまう

盗難にあった場合

車が盗まれてしまって運よく見つかったとすると、警察から持ち主に連絡が行きます。その際には名義人の方に連絡が行きますので、名義変更していないと前の持ち主に連絡が行ってしまいます。

前の持ち主は所有権を手放したものだと思っているからそんなもんは知らん、となってしまうかもしれませんし、現在の所有者は自分が所有者であることを証明するために売買したときの契約書などを提出するなどちゃんとした証拠をもっていないといけません。

 

保険でデメリット等級を引き継ぐ可能性について

名義変更をせずに任意保険に加入する場合、速やかに名義を変更することを約束して加入させてくれます。しかし、その後何度かの催促にもかかわらず変更しないでいると保険契約における加入者を新しい所有者ではなく前の所有者に書き換えられてしまいます。

そうなると、前の所有者の保険等級が適用されあなたがその支払いをすることになります。というのも割高になった等級をリセットするために所有者を変更したと考え、それを防ぐために所有者も前の契約者に変えるようになっています。なので、保険加入する際には名義変更は事前に行っておきましょう。

 

税金の支払いについて

自動車税は4月1日時点での所有者に税金の支払いの納付書が届くため、知らずにそのままでいると最悪差し押さえまで発展してしまいます。納付書が送られているのに支払いがないと未納となり車検が受けられない、未納に対する遅延金の支払いが発生するなどのデメリットがあります。

トラブルにならないように4月1日前後での個人間の取引は避けたほうが無難と言えます。

 

名義変更についてのまとめ

車 名義変更 ローン契約

名義変更は書類を集めたり記入したりするのは少し大変かもしれませんが、様式はインターネット上でダウンロードできますし、記入例もたくさんあります。店舗で中古車などを購入する場合の名義変更はお店が全部やるので問題ありませんが、相続や個人間の取引で譲渡や売買があった場合は名義変更が必要になります。そんな時はこのブログ記事を参考に名義変更をしてみてください。

また、時間かけるのがもったいない、という方は行きつけのディーラー店やカーショップで名義変更をお願いすると良いでしょう。費用も1万円程度ですので、かかる時間と手間を考えたらメリットの方が大きいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*